My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

ファーさん/ヨウのブログ。

安心できる恋人と、良い旅を。 T.P.O #001

Traveling Soul (Andy Compton's Rural Soul Mix)

すんげー唐突ですが、

オススメの音楽を色んな「時間」「場所」「状況」に合わせて紹介していこうと思います。

なんか今年はそんな気分。


基本的に思いつきでサクサク書いていく企画になるかと。でもきっと気に入ってくれる音楽を紹介できると思う。


第一回は去年、いちばん聴いた1曲。

けっこう長く一緒にいる恋人と旅行していて、ふんわりとウキウキしたいときに合う音楽。

Rancido & Ladybird - Traveling Soul - Andy Compton's Rural Soul Mix


三十代になったあたりから音楽は基本的に打ち込みしか聴かなくなって、ここ数年はけっこうディープハウスを聴いてたんですが、なんだかんだ女性ボーカルモノのハウスがやっぱり好きでして。

なんでしょうね、やっぱり女性の声が持つ色気のようなものにはヤられます。インストモノでも女性がつくってる奴の方がトロけます。

この曲は歌詞を見たことがないのですが、まぁタイトルだけで「なんか旅マインドのこと歌ってる」という雑な理解をしているんですけど。

続きを読む

日常の延長としての結婚(suumoタウン寄稿)

suumoタウンに寄稿しました。

suumo.jp


街への思い入れをたっぷり書くこのシリーズ、

上京してから6年くらい住んでいた板橋……ひとり暮らしの日々を書くか

それをやめていまの妻と同棲をはじめた用賀のことを書くか

とってもとっても迷ったのでした。(編集さんに決めてもらって用賀になりました)

続きを読む

三十代は身なりに気をつけないとすぐに雰囲気がくすんでしまう。

f:id:fahrenheitize:20190120235311j:plain
SK-II・ピテラ様は幻想ほどの特効作用はない。しかし、魔力があるアイテムである。

去年の秋くらいからスキンケアやら何やらと5年ぶりくらいに気をつけるようになった。リメンバー思春期な気分であります。

きっかけは去年の夏に妻と撮った写真を見て、「うわっ!肌きたなっ!」と思ったことだったのですが、、、


俺は見た目は女の子がモチベーションだったので、スキンケアやらファッションの熱が徐々にフェードアウトしていって5年くらい経ってたんですね。

まぁ服は自分のテンションを上げるためにもそれなりに買ってましたけど、特にスキンケアとか
「結局は無印良品がベストバイやな。めちゃ乾燥してるときしかつけんけど」
「敏感・アトピー肌に洗顔料はよくないな。やはり水洗顔だ」
みたいなまちがってないけど、言い訳がましい雑なケアになっていたわけです。


で、まぁ色々と調べて「敏感肌にも(成分的に)やさしい洗顔料がある」「基礎化粧品は奥が深くて面白い」みたいになりまして、夫婦でハマってました。

まーー、結局はターンオーバーで正常に戻すしかないので、もうちょい時間はかかりそうって感じなんですけどね。

お気に入りのオールインワンセラムを作っている人がツイッターのリプライで「満足いく状態になるまで2年かかりましたよ」と言ってたので、あとは粛々と。笑

続きを読む

混雑したGWは旅行だけでなく、部屋の断捨離がオススメ。

去年あたりから仕事で国内をちょこまか動きまわるようになりまして、
静岡やら浜松やら(新幹線で降りるとこちがうのこの歳で気づいたよ!笑)
北は北海道から南は小倉まで。

今年に入ってからは金沢に5回くらい行って、
これから福岡へは同じくらい行くことになりそう。

で、4月に金沢に行ったときに延泊して、
妻に来てもらって観光をしてきたんですね。

その雑記はまた書くとして…(太平寿司というところが衝撃的にうまかった)


GWは夫婦で旅行するか少し迷ったのですが、
観光地も名店もめっちゃ混んでそうで億劫なうえに
ふたりで金沢旅行を出来たこともありまして
結局は都内で過ごしておりました。

妻と一緒にいるか、ひとりで爆睡しているかの連休サイコーでした。
(最近腰が弱いのであまり体力に自信がないもある)


それでねー、不定期にやってはいたのですが、
ついに家の片づけが出来たのですよ。

続きを読む

更新しないまま1年が過ぎそうになっていた。。

ご無沙汰してます、ヨウさんです。

去年の気分はこのツイートに集約されています。


2016年はゴリゴリ目立とうと思っていたら本を出したら意外に気が済んでしまい、ヌルヌルと生活をする毎日で。

いざ前線でやろうと思うと、びっくりするくらい自分には自己顕示欲がないってことに気づかされた。笑

続きを読む

妻となるべく一緒にいる毎日。

2月に妻と入籍してから、なるべく一緒にいるようにしている。

週4で会社員という変な働き方をやっていて
「残りの休日は何をしてるんですか?」と
聞かれることがあるのだけど、
個人のお仕事の方は量的にはたいして頑張っていない。

仕事が終わればまっすぐ家に帰り、
妻がつくってくれたご飯を食べさせてもらう。

休みの日はほとんど家にいて、
妻が作ってくれたご飯か、
一緒にお出かけした先でご飯を食べる。


「一緒にいなければいけない」という義務感ではなく、
「一緒にいたい」と恋愛初期のように強烈に感じているわけでもなく、
なんとなく「なるべく一緒にいよう」と思っていた数ヶ月だった。

続きを読む

結婚指輪。

f:id:fahrenheitize:20180521001036j:plain

けっこう前のことになるけど、籍を入れてからしばらくして、結婚指輪が届いた。

買ったのはジャスティン・デイビスのブライダルライン。

人様が結婚指輪で好き好んで選ぶようなブランドじゃないから、デザインがかぶらなさそうで、夫婦で気に入っている。


このブランドのわりに控えめなクラウンに、月桂樹を模した"彫り"が入っているから、光の下だと、石が入ってるように適度に輝くのが、良い。

なにより、籍は入れたものの、公的な証明書なんてもらえないうえに、ずっと同棲していて余計に実感が湧かなかった婚姻を意識させてくれたのが、とても良い。

続きを読む

毎日持ち歩いているモノ EDC2018mid

友人から「ひさしぶりに毎日持ち歩いてるものを紹介して」と頼まれたので、書いてみます。

毎日持ち歩いているもの=EDC、2018年版。

2015年頃からガチで気に入ったものしか買わなくなったので、モノの入れ替わりは減った気がします。


・iPhone X

f:id:fahrenheitize:20180521003859j:plain

iPhone6s plusを2年半ほど使ってたんだけど、いいかげん飽きちゃった…。

また、経年変化でパフォーマンスが下がってきたことも後押しして、2月頃に購入しました。


plusのサイズ感はとても好きだったのですが、iPhone Xを持つとやっぱり重かったんだなーと痛感します。

強引に片手で使っていたのはムリがあったよ。。

日常的には快適なサイズ感(持ち心地と情報量のバランス)ですが、Kindleで漫画を読むのはちょっと疲れます。やっぱセリフがつぶれちゃうね。


前評判どおりホームボタンがないのは30分で慣れます。

人によってはサイドボタンの使い方に少し戸惑うかも。Face IDもめっちゃ快適。顔の登録をするときにうつむき気味でやると精度よい気がする。

あとは7以降をすっ飛ばしていたので、モバイルSuicaとApple Payの便利さに今更ヤられてます。

いまやWalletアプリがホーム画面に君臨しています。

続きを読む

結婚しました。

f:id:fahrenheitize:20180209013106j:plain



Twitterではさくっと書いたのですが、結婚しました。

リプライ・LINEでお祝いの言葉をくださった方々、ありがとうございます。

続きを読む

2017年に書いた文章7つを、思い入れと一緒に語る。

今年書かせていただいた記事のなかで、思い入れのある文章を7つ挙げようかなって思う。

恋人を実家に連れて帰るのって、気が重い…… | DRESS [ドレス]

p-dress.jp


パーソナルな文章を切り売りして書くことを避け続けてきた自分が、初めて自分の裸の気持ちを飾らずに書いてみたいと思えたのが、彼女を実家に連れて帰ったときの複雑な気持ちでした。

この気持ちは、このタイミングを逃してしまうと風化してしまう。この気持ちを文章として残しておきたい。そう強く思ったのでした。実際に今となっては忘れてしまっています。

書かせてくださったP-DRESSに感謝します。


こういう他人から見てどうでもいいくだらないことで悶々としてしまうこと。それは生きていく上で、とても大事な蜜であり、同時に捉われすぎてはならない毒だと強く感じます。

ちなみに続報は、年明けくらいに。

モテる人はこんなに考えています! 恋愛コラムニストに聞く、実践的デート会話術 - それどこ

srdk.rakuten.jp

これは今年いちばん人目にふれた記事でしょうか。(PVは知らないっす)

書くまでのマインドセットは「往年の持ちネタで派手にバズらせたる」「会話形式にチャレンジする」という二点だけでしたが、純粋に楽しみながらニヤニヤ書いた記事でした。

いま読み直しても、お役立ち度と読み口の面白さは上手くできたなぁ、と感じています。

なお、いまだから明かしますが、モデルをやってくれた娘とは原稿に出てきた会話しかしてなくて、15分くらいしか話してないっす(笑)

続きを読む