My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

ファーさん/ヨウのブログ。

ヨウちゃんのワイン談議(0)ワインにハマったきっかけについて。

f:id:fahrenheitize:20191214203008j:plain
夫婦で愛してるキスラー ハイド・ヴィンヤード。ヴィンテージは出会った年の2010年を購入


なんとなくワインがずっと好きだった。

あまり深い理由はなく、ビールふたくちで真っ赤になる自分が、ワインだけは人並みに飲めたからだ。

というわけで、二十代前半のアポで常用していたのはワイン。味はまったく分からないので陽気に泡の一択!メニューをろくに見ないでスパークリング !てか見てもわかんないし!

飲みやすくてテンションが上がるので、アルコールか炭酸がニガテな女の子以外は、快く賛同してくれたものでした。

当時の俺のバイブルは『島耕作 部長編』。なんだか島耕作がとんでもないポテンシャルを持つシンデレラ・ワインを見つけて、運と女性のサポートだけで出向先でも成果を挙げてしまうわけですが、この当時の俺のワイン知識の87%をこの作品が占めていたと言えるでしょう。弘兼センセありがとうございました。


女の子のアポにおいて自分が先に酔い潰れるのは論外と書いたことがあるけれど、アポのときはいつも女の子が楽しく酔っているかを、ちゃんと観るようにしてた。

なんかグラス3杯を超えたあたりでだいたいの女の子はご機嫌になって上気した顔でたくさん笑うようになるなー、なんてことを当時考えていた。そういうのがワイン好きの原点になっているのかも。


さてさて、結婚するしばらく前、数年前から飲み会でも酒を一滴も飲まなくなった。妻が飲んでも自分はソフトドリンク。基本、下戸の自分にとってアルコールは「飲んだらしんどくなるもの」に変わりはなかったからだ。酒自体が、飲み物として、好きじゃなかった。


f:id:fahrenheitize:20190824174843j:plain

きっかけ。

とある理由で手土産のワインが必要になり、エノテカ(有名なワインショップ)に足を運んだ。すると週末イベントのチラシに目が行った。

『夏のシャブリ・クルーズ!10杯飲み比べ』みたいなことが書かれていて、カミさんはシャブリが好きだったようで、わりと反応していた。

「ふーん」と思いながら目を通していると、『シャトーディケム』の文字が飛び込んできた。

「えっ?!シャトーディケム飲めるの? それも23年もの? 嘘でしょ?!」とテンションを爆上げしてしまった。

カミさんは貴腐ワインを知らなかったようで「何だこいつ、たいして飲まないのに知ったかぶって」と思ってただろう。いや、そうなんだけどさ……。


ワインにハマった人はみんな、これまでにない衝撃を受けてしまった"きっかけのワイン"があると嘯く。

はいはいはい、そういうところがワイン好きのウザさなんですぅーー。おつかれさまでしたー!と思っていた俺自身も、いまは「ある!」と断言できる。

飲みやすいからワインが好きとか、

焼酎や日本酒と同じくらい好きとかじゃなくて、


「飲み物としてこんな美味しいものが存在するの?」


ってくらいワインに鳥肌が立って、感動してしまう出会いが、たしかに在るのだ。

出会ってしまった人は、そのままワイン沼に落ちていくんだと思う。そして、誰かにとって響いたワインが、他の誰かに響くワインではなかったりするのが面白い。


f:id:fahrenheitize:20190915164154j:plain

自分は最初の回がシャブリ飲み比べで、同じ品種と同じ産地で「こんなに差が出るの? ワインって面白いかも」と思わされ、

ダメ押しでシャトーディケム23年ものを飲んだことで「こんな飲み物が存在していたんだ……」

と理屈じゃなく、体験として「ワインってとてつもなく凄い」と強烈に震えたのでした。

さらに追い討ちで、ベラヴィスタの全ラインナップを飲んだことで、「俺が安易に好きって思ってたスパークリングは、こんなにも複雑な要素を持った素敵な飲み物だったんだ……」と唸らされてしまった。その回はめちゃ酔っ払った。


この間、実に1週間。いま考えてもこのラインナップを1週間で経験できたのは当たりワインに恵まれていたなーと思う。

そのあと調子に乗った俺は、カミさんが呆れるくらい申し込みまくって、何回も失敗して反省するまでがセットです。。


とまぁ、俺があつく語ったところで「ハイハイ、ワイン好きのうざい感じ出てますよー」って感じなんだろうけど(笑)、

「なんとなくワインが好きなんだけど、とっかかりが見つからない」

「品種の特徴を覚えろとか言うけど、わかんないよ」

「てかワイン高すぎだから、オススメの安旨銘柄おしえろ!」

みたいなことについて(全部、過去の俺のこと)、気の向くままに書いていけたらなーって思う。


とはいえ、自分もワイン1年生どころか、ワイン年少組って感じで。

仲良くなった店員さんにオススメを教えてもらって世界を広げたり、たまたま知り合った人にワイン会に呼んでもらって良いワインをふるまってもらったりして、絶賛おぼえている最中です。

一緒に「これ美味かったよ!」と楽しんでいけそうな仲間を探しているのが本音で。俺がワインのことを書くことで、分かちあえる人が少しでも増えると嬉しいなぁ、と思う。


神の雫(1) (モーニングコミックス)

神の雫(1) (モーニングコミックス)

興味を持つとっかかりとしては、やっぱりこれ!こんな表現は出来ないけどね!

1部だけで44巻もあるのがネック。。


図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

  • 作者:小久保尊
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2015/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

個別に紹介するけど、これからワインを覚える人はこれがベストじゃないかなぁ。著者のバランス感覚がすごく好き。

ベストバイ2019

今年買ってよかったもの、あるいは買ったのは今年じゃないけど
買っといて良かったと今年になって感じたモノを紹介します。

バッグ

https://www.mother-house.jp/event-campaign/yozoraplus/img/img_content03_01.jpg

メインのバッグはマザーハウスのヨゾラを使っていて
ブランドもルックスも最高に気に入っています。

なんだけど、機能性を求めて通勤用に買ったこちらが抜群に良かった!

続きを読む

安心できる恋人と、良い旅を。 T.P.O #001

Traveling Soul (Andy Compton's Rural Soul Mix)

すんげー唐突ですが、

オススメの音楽を色んな「時間」「場所」「状況」に合わせて紹介していこうと思います。

なんか今年はそんな気分。


基本的に思いつきでサクサク書いていく企画になるかと。でもきっと気に入ってくれる音楽を紹介できると思う。


第一回は去年、いちばん聴いた1曲。

けっこう長く一緒にいる恋人と旅行していて、ふんわりとウキウキしたいときに合う音楽。

Rancido & Ladybird - Traveling Soul - Andy Compton's Rural Soul Mix


三十代になったあたりから音楽は基本的に打ち込みしか聴かなくなって、ここ数年はけっこうディープハウスを聴いてたんですが、なんだかんだ女性ボーカルモノのハウスがやっぱり好きでして。

なんでしょうね、やっぱり女性の声が持つ色気のようなものにはヤられます。インストモノでも女性がつくってる奴の方がトロけます。

この曲は歌詞を見たことがないのですが、まぁタイトルだけで「なんか旅マインドのこと歌ってる」という雑な理解をしているんですけど。

続きを読む

日常の延長としての結婚(suumoタウン寄稿)

suumoタウンに寄稿しました。

suumo.jp


街への思い入れをたっぷり書くこのシリーズ、

上京してから6年くらい住んでいた板橋……ひとり暮らしの日々を書くか

それをやめていまの妻と同棲をはじめた用賀のことを書くか

とってもとっても迷ったのでした。(編集さんに決めてもらって用賀になりました)

続きを読む

三十代は身なりに気をつけないとすぐに雰囲気がくすんでしまう。

f:id:fahrenheitize:20190120235311j:plain
SK-II・ピテラ様は幻想ほどの特効作用はない。しかし、魔力があるアイテムである。

去年の秋くらいからスキンケアやら何やらと5年ぶりくらいに気をつけるようになった。リメンバー思春期な気分であります。

きっかけは去年の夏に妻と撮った写真を見て、「うわっ!肌きたなっ!」と思ったことだったのですが、、、


俺は見た目は女の子がモチベーションだったので、スキンケアやらファッションの熱が徐々にフェードアウトしていって5年くらい経ってたんですね。

まぁ服は自分のテンションを上げるためにもそれなりに買ってましたけど、特にスキンケアとか
「結局は無印良品がベストバイやな。めちゃ乾燥してるときしかつけんけど」
「敏感・アトピー肌に洗顔料はよくないな。やはり水洗顔だ」
みたいなまちがってないけど、言い訳がましい雑なケアになっていたわけです。


で、まぁ色々と調べて「敏感肌にも(成分的に)やさしい洗顔料がある」「基礎化粧品は奥が深くて面白い」みたいになりまして、夫婦でハマってました。

まーー、結局はターンオーバーで正常に戻すしかないので、もうちょい時間はかかりそうって感じなんですけどね。

お気に入りのオールインワンセラムを作っている人がツイッターのリプライで「満足いく状態になるまで2年かかりましたよ」と言ってたので、あとは粛々と。笑

続きを読む

混雑したGWは旅行だけでなく、部屋の断捨離がオススメ。

去年あたりから仕事で国内をちょこまか動きまわるようになりまして、
静岡やら浜松やら(新幹線で降りるとこちがうのこの歳で気づいたよ!笑)
北は北海道から南は小倉まで。

今年に入ってからは金沢に5回くらい行って、
これから福岡へは同じくらい行くことになりそう。

で、4月に金沢に行ったときに延泊して、
妻に来てもらって観光をしてきたんですね。

その雑記はまた書くとして…(太平寿司というところが衝撃的にうまかった)


GWは夫婦で旅行するか少し迷ったのですが、
観光地も名店もめっちゃ混んでそうで億劫なうえに
ふたりで金沢旅行を出来たこともありまして
結局は都内で過ごしておりました。

妻と一緒にいるか、ひとりで爆睡しているかの連休サイコーでした。
(最近腰が弱いのであまり体力に自信がないもある)


それでねー、不定期にやってはいたのですが、
ついに家の片づけが出来たのですよ。

続きを読む

更新しないまま1年が過ぎそうになっていた。。

ご無沙汰してます、ヨウさんです。

去年の気分はこのツイートに集約されています。


2016年はゴリゴリ目立とうと思っていたら本を出したら意外に気が済んでしまい、ヌルヌルと生活をする毎日で。

いざ前線でやろうと思うと、びっくりするくらい自分には自己顕示欲がないってことに気づかされた。笑

続きを読む

妻となるべく一緒にいる毎日。

2月に妻と入籍してから、なるべく一緒にいるようにしている。

週4で会社員という変な働き方をやっていて
「残りの休日は何をしてるんですか?」と
聞かれることがあるのだけど、
個人のお仕事の方は量的にはたいして頑張っていない。

仕事が終わればまっすぐ家に帰り、
妻がつくってくれたご飯を食べさせてもらう。

休みの日はほとんど家にいて、
妻が作ってくれたご飯か、
一緒にお出かけした先でご飯を食べる。


「一緒にいなければいけない」という義務感ではなく、
「一緒にいたい」と恋愛初期のように強烈に感じているわけでもなく、
なんとなく「なるべく一緒にいよう」と思っていた数ヶ月だった。

続きを読む

結婚指輪。

f:id:fahrenheitize:20180521001036j:plain

けっこう前のことになるけど、籍を入れてからしばらくして、結婚指輪が届いた。

買ったのはジャスティン・デイビスのブライダルライン。

人様が結婚指輪で好き好んで選ぶようなブランドじゃないから、デザインがかぶらなさそうで、夫婦で気に入っている。


このブランドのわりに控えめなクラウンに、月桂樹を模した"彫り"が入っているから、光の下だと、石が入ってるように適度に輝くのが、良い。

なにより、籍は入れたものの、公的な証明書なんてもらえないうえに、ずっと同棲していて余計に実感が湧かなかった婚姻を意識させてくれたのが、とても良い。

続きを読む