読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


【追記あり】文章が好きな人を対象にした『文章コンサルティング』

告知 告知-講座情報

Advertisements

 文章が好きな人を対象にした『文章コンサルティング』を始めます。有名ブロガーになりたい、Webライターになりたい、書籍を出したいという人が対象になります。

f:id:fahrenheitize:20160314150225j:plain:w500

 今後の活動マッピングにおける位置付けはこちらになります。

追記

 これまでの問い合わせ・コンサルティング内容を反映して記載内容を修正しました。

講座の種類を選んでください

 ①対話形式。

 フリースタイルの会話で進めます。特に問い合わせ・申込みが多かった「ブロガーが本を出すための戦略」はこちらを選択してください。
 
 悩んでいることをあらかじめまとめていただき、質問としてぶつけてもらうやり方がスムーズだと思います。ただし、対話を進めるなかで疑問点は随時、解消していきます。
 もしくは、前身講座でやった「私の考察記事の書き方」を理論的に説明するスタイルでも大丈夫です。
 
 また、Webや書籍の報酬面に関する相談事項(引き受けるべきか、等)でも結構です。具体的にどの会社・媒体がいくらとかは特定できないですが、俺の経験と周囲の話から相場のフィードバックは可能です。


 ②実践形式。

 限られた時間内で伝えられることには限度がありますが、「ゼロからのスタート」か「既にある文章のリライト」によって、実際に体験してもらうことを主眼とした内容です。
 これまでの経験上、4時間でもギリギリになりますが、頑張りましょう。

 実施内容・着眼点については、後述の「目的」をご参照ください。

 俺個人の考え方として、書き手は「編集者目線の獲得」がマストだと考えていますし、文章を書き上げるだけでなく、完成系を意識しながら書いていくスキルが必要だと感じています。そのお手伝いになります。


 ③対話形式+実践形式。

 ①と②の複合スタイルになります。

 どっちも出来てお得のようで、気をつけないとどっちも中途半端になりかねないので、選択する際には気をつけて下さい。
 やはりオススメはどちらかの選択になります。


 ④終了後の添削+アドバイス。

 これはオプションです。

 実際に書き上げた文章をもとに、添削+講座内容が反映されているかをチェックする添削作業になります。
 (後日、メールベースで実施いたします。)

目的

 世の中に出回る「良い文章」はさまざまですが、「水準を超えている文章」は明確にあります。この講座では後者を目指します。(よって「水準を超えている人」はこの講座の対象ではありません。)

 そして大きく以下の三点を身につけることを目的とします。

 ①文章のアイディア出し
 ②文章の構成を意識する訓練
 ③内なる編集者としての目線の獲得

 ①文章のアイディア出し

 俺は「自分には書けることなんてない」という人は存在しないと思っています。誰しもが日々、色んなことを感じて、色んなことに思考を巡らせています。

 発信に興味がない人は別ですが、自分も書きたいと思っている人がそこにつまずいて文章を書くことを諦めているのであれば、すごくもったいないと感じます。"日々の出来事"を"文章のネタ"に変換するコツをお伝えしたいと思います。

 文章が書ける人は面白い出来事がバンバン起きているのではなく、同じ出来事を見つめた時に、それを文章のネタと捉えることが出来る人だと自分は考えていて、そういう人になることを目指します。

 ②文章の構成を意識する訓練

 理想の文章構成は存在しませんが、人それぞれ得意としている文章構成があります。

 その人のフォーマットと言い換えて良いかもしれません。そしてその形がその人の個性なのです。その初期段階として、「文章に背骨を通す」ということが挙げられます。分かりやすく言うと「ふーん」「で?」で終わらせない文章です。

 「何を伝えたいのか?」「どういう読後感にしたいのか?」を設定して、逆算して文章を書くことを目指します。

 ③内なる編集者としての目線の獲得

 上手い書き手は自分のなかに編集者の目線が存在しています。逆に言えば、編集者に文章を根本的に解体させられる書き手は失格だと思いますし、実際に自分はWeb媒体・書籍を問わずに微細なニュアンス変更以外はしたことがありません。
 (編集者との共同作業は非常に大事な部分なので、変更が入らない=良い書き手という意味では必ずしもありません)

 客観的に自分の文章を見つめて「読みやすさ」「伝わりやすさ」「リズムの良さ」をブラッシュアップする感覚を身につけてもらえればと思います。
 編集者は「最初の読者」ですが、その前の「架空の読者」として自分を位置づける訓練です。

対象者のイメージ

 ・有名になりたい/文章が上手くなりたい「ブロガー」の方々。
 ・仕事を断れるくらい依頼が来る「Webライター」になりたい方々。
 ・書籍を出すためのヒントや戦略を考えたい方々

 この講座を受けてそうなれるかはその人次第ですが、自分の経験のフィードバックを全力でやります。

 また、俺個人の考え方として、自分の文章が良いか悪いかは、読んだ人に委ねている部分があるので(自分自身に出来ることはすべてやっている前提で)、「桐谷ヨウに文章を学びたい」という人に来てもらえればそれで充分です。
 というか、その信頼関係なしではお互いの時間のムダになってしまうと考えています。

応募方法

 こちらのGoogleフォームから応募ください。

 ▶︎ブロガー・Webライターのための文章コンサルティング申し込みフォーム

 基本的には平日の19時〜を想定していますが、相談に応じます。

 金額に関しては悩みましたが、当面はこの設定でやってみます。
 これまでの経験上、募集者の真剣さを担保するためには、それなりの金額設定をしないことには時間の無駄になってしまうことが分かったためです。

 また、自分自身が仕事やプライベートの時間を我慢して、その時間は、その人に全力で向き合うためにも。今後、変動していく可能性はあります。

 なお、参考情報ですが、前身の文章講座についてはこちらになります。

www.fahrenheitize.com