読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


毎日、読みに行きたくなるブログを。

告知 告知-ブログ運営

Advertisements

今日はさらっとした内容というか、いまブログで考えていることについて。

俺は度々「更新頻度を上げます」とか「これから毎日更新します!」と宣言して、やるやる詐欺をかましている人間なんだけど、ちょっくらマジでブログをほぼ毎日更新します。


きっかけは今年の春から月額課金のnoteを始めたことで。まぁ、それが楽しいんですね。なんてことないのを書いたり、彼女との身辺雑記を書いたり、たまに濃い感傷的なことを書いてるんだけど。それで、そっちでは発信のハードルを下げてるんですね。あまり作りこんだ文章を書いてないわけです。

情報商材的な売り方を今のところしていないので、まぁ何を書いても、更新頻度が低くても購読者数が極端に減らない=応援の意味で読んでくれている読者さんが多いのかな?という印象。嬉しいです。いや、きっと「お前、もっと更新しろよ」と思われてることは間違いないですけど。今月からまたがんばってます。

月刊 桐谷ヨウ(仮)|桐谷ヨウ(ex-ファーレンハイト)|note

そういえば、これでわかったことは俺はクローズドな場所ですら、自分のことを…たとえば感情的なブレとか、プライバシーをさらけ出したくない人間だということです。これはもう直らないわ。


それはともかく、不思議なもんでそっちをこまめに更新しようと思うと、オープンな誰でも読めるものも書きたくなっちゃうもんで。そこでブログですよね。誰でもアクセスできる文章ってことです。

で、このブログなんですけど、まぁきっと多くの人が期待してるのは「恋愛のバキッとした考察」とか「モヤッとしている人間関係に関する考察」あたりで、今後もそれらは題材にしていくつもりなんですけど、書き口を考察記事に絞らずにガンガン書いていきたいなーって思ってます。


俺の文章で評価されてるのは「恋愛・人間関係」で「気づいたこと」を「わかりやすく分解」して「考察記事」として書いたものです。なんだけど、それにはまぁ俺なりの人生哲学とか人間観とか思考のクセなりが存在している。それを媒介にして色んなことを、書いていこうということですね。

具体的に言えば、今後は

・好きな書籍や漫画のレビュー
・旅行に関するあらゆること
・自分がハマってることの紹介

あたりが多くなっていくでしょう。


で、それを語るときには、いままで恋愛や人間関係を語るときに出ていた俺のフィルターは、自ずと出てしまうだろうし、それをオープンな場で見せていくのはアリだなーといまは感じてます。

まあ、あとは単純に自分の好きなモノ・コトを紹介していくのは楽しいだろうし。リアルでは好きな本とか漫画を薦めるのをめっちゃやっちゃうタイプだしね。


いちばん大きいのは「毎日、読みに行きたくなるブログ」の運営をしたくなったってことかな。

読んでくれている人にとって、気にいる記事もピンとこない記事も存在してしまうのは避けられないことだから、とりあえず「今日も見に行こう」と思ってもらえるブログにしたくなったというか。その人の毎日の生活に入り込むブログってすごいんじゃないか?と思う、今日この頃なのです。