読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


恋愛と生き方を一緒に考えるオンラインサロンを始めます。

告知

Advertisements

f:id:fahrenheitize:20160627172711j:plain

今日は告知になります。Synapse(シナプス)さんとご縁ができ、オンラインサロンを開設することになりました。

synapse.am


内容の詳細はサロンページに書いている通りなのですが、自分が考えているものとしては「いっしょに考える場所」です。古い人ではブログやWeb連載、最近では書籍を読んで私のことを知ってくれた人たちがすごく増えました。


で、文章を書いてやっていくことには限界があり、俺が勝手に問題提起をして、俺が書くという側面がどうしてもあります。要は「聞かれたことに答えられない」のですよね。直接お会いするお悩み相談はやっていますが、もっと安価で、地方の人も参加できて、参加者同士のつながりができる場所としてオンラインサロンを使っていきたいという意図になります。

お悩み相談をやっていると、俺も「聞かれたから答える(考える)」みたいなシーンは単純にけっこう多いんです。今後もブログや書籍で書いていかないようなことをお話しできるスペースになるかな?と考えています。


対象はいったん女性にしています。男性部屋も考えていますが、すでに男性の恋愛サロンはあるので、ちょっとそこは検討中というところ。Facebookグループを使わない、匿名サロンにしておりますので、セフレネタとか不倫ネタとか、リアルバレしたくない人もご安心いただけると、と思います。

スタンスとしてあまり金銭面のメリットは考えずに、安価で人数を絞ってスタートさせます。なので、特に初期メンバーに関しては、「ぶっちゃけ割に合わないコミット」をしていく予定です。マメな部分をフル活用させていきます。


いま想定しているのは参加者のみなさんに入会時に「どうなりたいか」を宣言してもらって、それに向かってサポートしていく関わり方です。前職でプロジェクトマネージメントをやっていたので、そこは大の得意領域です。俺の文章を読んでくれている人はわかると思うのですが、恋愛自体がどうではなく、自分がどう生きたくて、どういうパートナーが欲しくて、どうあるべきなのかを一緒に考えるというノリです。

自分がやるということで、恋愛が大きなトピックになるのが規定路線になると想定しているのですが、個人的には課題図書について話し合ったり、あまりブログとかでおおっぴらで語らない私生活での考え方のあれこれを一緒に語っていけたらと思います。多分やる人の個性が出ると思うので、「クソ真面目」と「クソくだらない」トピックが共存していく場所になればなーと思います。


入会してから二週間は無料になっておりますため、迷っている人はご参加いただいて、つまらなかったら退会という形を遠慮なくとっていただけたらと思います。最後に、「ふざけた参加者」「他人を傷つける参加者」については問答無用で退会いただくことになりますため、その点はご了承ください!


以下、サロンページからの抜粋になります。


f:id:fahrenheitize:20160627172353p:plain:w500

【サロン概要・コンセプト】
・近すぎても話せない、初対面でも話しづらい恋愛トークをカジュアルに語るスペース

・おおっぴらには言えない恋愛の形をクローズドな環境で相談しあえる場の提供

・参加者どうしで相談ができる・友達ができるコミュニティの形成

・恋愛テクニックだけにとらわれない、働き方も含めた生き方の教養を考える場

・書籍・連載記事では対応できない、恋愛の悩みに個別に応える機会の場

・あまり人前に出ない桐谷と"読者以上、恋人未満"の関係になりましょう

【提供コンテンツ】
<オンラインで楽しむ!>

・桐谷に直接、お悩み相談をして、みんなの意見ももらう個別対応

・ブログ・連載では言えないぶっちゃけ恋愛トーク
 例:男はみんな浮気をするの?本命と遊びって最初から分けてるの?等。

・月1でトピックを決めて、意見を交流するスペース
 例:好きな人ができない、2番手止まりになってしまう、不倫にハマってしまう…等。

・月1で課題図書を決めて、それを素材に恋愛・生き方を語るスペース
 例:恋愛指南本、漫画、自己啓発本、ライフスタイル本、なんでもありで。

・雑談を延々するスペース
 例:夜中に誰かと繋がってたい人へ…。

<オフラインで楽しむ!>
・桐谷を交えたサロンメンバー限定交流会(不定期・参加費別途)
 不定期ではありますが、メンバー限定の交流会を開催する予定です。
 これを機に桐谷だけではなく、メンバーさん同士の繋がりもより濃いものになればなと思っています。


synapse.am