My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


女の子こそiPhone6sではなく、iPhone6s plusがオススメ

レビュー レビュー-モノ

Advertisements

f:id:fahrenheitize:20151022040241j:plain:w500

今日はガジェットの話題。iPhone6s plus 64G ゴールドモデル(SIMフリー)を初日に購入。

iPhone4以来、新型が出るたびに機種変更をしていたことに反省してiPhone5sを二年間使っていたのですが、今回どうしてもplus系に変えたくなったためスタンバって予約&ゲット。
(ちなみにMac/iPhoneのSafariよりも、アプリ版のstoreがいちばん早くつながるので次回試される方はご参考までに。)

なぜiPhone6s plusを薦めるのか?

「ギリギリ持ち歩けるiPad mini」

これが俺のiPhone6s plusの評価です。iPad mini miniです。本音はiPad miniを持ち歩きたいのですが、さすがにそれは出来ないのでplusにした流れ。

個人的にはiPhone6s/plusどちらも魅力的な端末なので好きに選べばOKだと思うのですが、「デカすぎ」だけで不当に敬遠されているのが少し残念だなーと。

「iPhoneは小さいもの」という固定観念を外せば、4インチ(に近いサイズ)は決して必要条件でも、十分条件でもないんですよね。

よく言われることですが各人が「情報量」と「操作性」のどちらを優先するか?つまり本当に、その小ささ(操作性)は情報量を犠牲にしても欲しいものなのか?ということです。


液晶サイズは本当に生理的なレベルで影響を与えます。これはiPad (mini)を持っている人は分かる感覚だと思うのですが、5s以前のiPhoneに持ち替えた際に「小さすぎる」と感じます。逆にいえば、4インチは日々ストレスを無意識に感じながら使っていると、この一年、iPad miniを使い込むほどに、俺は考えるようになりました。

女の子にオススメする理由

彼女を見ていると思うのですが、自宅でPCをさわらないような人は機能をスマホに集約してしまって良いと思うんですよね。

そういう観点で言うとplusの情報量はかなりのところまで快適にこなせるレベルにあると思います。たとえばiPadを持っている人はLINE以外は、自宅ではiPadしか触らなかったりします。それほどまでに情報の一覧性の高さというのはメリットなんですよね。これはiPadを持っていない人には体感で伝わりにくいですが…。

同じWebサイトを見ていても、SNSを見ていても、「スクロールをしないで見ることが出来る情報量」が抜群に上がります。スクロールにより生じる情報の細切れ感、目の負担はバカにできないと個人的には考えています。


ただ、たしかにplusは従来のiPhoneの使い方=片手操作を捨てる必要があるのですよね。これは間違いない事実で、片手がふさがっているときや、歩きスマホ(してたのかよ)の際には不自由が生じます。

とはいえ、iPhone6s無印の方も片手操作はどのみち厳しくなる(操作性が快適とは言いがたい)ので、従来のコンパクトという観点はスッパリあきらめて、情報量が多い方を選ぶのは、かなりアリなアプローチだと思います。中国・韓国を中心にファブレットが普及したのはそれなりに理由がある気がします。


もう一点は、女の子はそもそも両手操作している子がけっこう多いことと、持ち運び時にカバンに入れている子がほとんどのことです。その意味でも男よりもハードルは低い気はします。ちなみにplus、ボトムスの前ポケットにギリ入ります。


ここからはそれを詳細に説明したiPhone6s plusの利点2つ。

電子書籍を読むのに十分すぎるディスプレイサイズ

f:id:fahrenheitize:20151030075237j:plain:w400

電子書籍を読む際の各端末の俺の評価は

端末 文字の電子書籍 漫画の電子書籍
iPhone5s ギリ読める 読むのにムリがある
iPhone6s 読める セリフが潰れて少しきびしい
iPhone6s plus 快適に読める 漫画もギリ読める
iPad mini 快適に読める 快適に読める(見開きはギリ)

読書用端末としての機能をかなりiPhoneに吸収させることが出来るようになったのは大きい。特に自炊した書籍(Pdf)はKindleのようにフォントサイズを変更できないので、拡大せずに視認できるサイズになっているかは超大事。


自分は手ブラ派なので、カバンを持ってまでiPad miniを外出先に携帯したいと思えないタイプなので嬉しいかぎり。また、iPhoneからiPad miniに持ち替えたときのギャップも小さくなりました。(4インチ→7.9インチが5.5インチ→7.9インチになっている)

また、自分はKindleでマーカーをかなり多用していて、それは二度目に読むときにハイライト部分だけを読めば重要部分が再読できるようにするためなのですが(オススメ!)、この使い方をするとかなりベターーッとハイライトするんですね。ディスプレイが大きくないとページをまたがるので、iPhoneからだと厳しかったんですよ。これが概ね解消されました。

ランドスケープモードが快適!

ランドスケープモードは横向き表示のこと。他の端末でも横向き画面自体はあるのですが、iPad系にだけアプリが独自のUIを提供しているんですよ。

f:id:fahrenheitize:20151030034230j:plain:w500

f:id:fahrenheitize:20151030034234j:plain:w500

f:id:fahrenheitize:20151030034238j:plain:w500

分かりやすい例ではメール、カレンダー、メモ帳など。

分割されて左側には一覧、右側には選択した詳細情報が出ます。plusはiPhoneシリーズで唯一、これが提供されているんです。iOSの生理的な使いにくさを改善してくれる大きなポイントです。


ちなみにこれはどの端末でもですが、ブラウジングの際に画像が横幅に合わせて巨大化されるので、サイト自体の魅力もアップしますね。ショボイ理由に聞こえますが、写真サイズが上がるとかなり楽しくなりますよ。


さて、ここで高城剛氏のメルマガのQAより抜粋。

▽Q.16▼▽
高城さんがiphone6+を買ったことに年始から軽くビックリしてしまいました(笑)

最近はメインの「情報端末」をiPad miniにされていたと思いますが、今後それはiphone6+に置き換わりそうでしょうか?

個人的に電子書籍を読むにはiphone5sは小さく、日々の手ブラの持ち運びにはiPad miniは厳しいと感じるため、iPhone6+で両立させられそうであれば、選択肢のひとつに上げようと考えています。

また、iPhone/iPadを買う際には容量は必ず128Gにしているのでしょうか?お答えいただけると幸いです。

【 A 】
常々ディバイスで大切なことは「サイズ感」だとお話し申し上げていますように、iPhone6Plusは、ある意味許しがたい「サイズ感」なのは、間違いありません。

言うまでもなく、その大きさに問題があるのですが、しかしそれは「縦使い」した際の話です。

実は、僕はiPhone6Plusを「横使い」して使っています。はじめてiPhone6Plusを触った際に、「これは許しがたい大きさだ」と感じましたが、横に持った瞬間に「いままでにない感覚」を覚えました。

簡単に言うと、iPhone4が横に二倍になったような感じで、なにか懐かしいような、ゲームをはじめたばかりのような感覚を覚えました。もしくはIBMパームトップPC110や東芝リブレット20、SONYのVAIO U101を触ったような懐かしい感じに近い感覚です。実に不思議です。

そして入手以来、ずっと「横使い」していますが、iPhone6Plusを「横使い」している人は滅多に見ませんね。たぶん、皆さん癖で縦使いしているのでしょう。また、メインの入力用「情報端末」は引き続きiPad miniですが、書籍はiPhone6Plusでも読んでいます。

ちなみに、iPhone、iPadに限らず、入手する製品は常に最高スペックを購入しています。

高城未来研究所「Future Report」Vol.189/Part2

まぁ、この質問をしたのは俺なんですけど(笑)

片手の不安定さも影響して、横使いを試しているのですが、たしかに新しい感じがします。

アプリ側の対応がイマイチの部分もあって、7対3で縦使いをしているのが現状ですが、「iPhone4が横に二倍になったような感じ」は言い得て妙です。

まとめると

もう誰もが分かりきっている結論で締めます。plusはデカいので素晴らしい!iPhoneユーザー以外は知っていた事実を享受しようぜ!です。

ギリギリまでiPhoneをiPad miniに近づけて快適に使用する観点でオススメです。(クラウドに格納した資料も見やすい)


デメリットは上記の通りですが、そもそも歩行中にiPhoneをさわるのを止める…ということでほぼ解決しました。あとはやや重い。iPad miniの2/3の重量ですが、面積で散らさせていないので、ズッシリ感じるかな…。

文字通りのサイズ以外の差異としては、カメラに手ブレ補正がついているかとバッテリー容量ですが、前者は暗闇で動画を撮った際に威力を感じました。また、後者はガンガン使っても一日は余裕で持つのでかなり安心感を感じています。


iPhone6s/plusはどちらを選択しても後悔がない端末だと思うのですが、固定観念を排除して、自分にとっての必要条件と十分条件をもう一回考えなおしてみるきっかけになれば幸いです!

SIMフリー端末

ちなみに今回はAppleのSIMフリー端末を購入しました。今月からMVNOで運用を始めました。

今後はキャリア版でも半年後にはSIMロックを解除してくれるようですが、2年間にバラされた割引を考えると、最初にドカッと支払って、あとは毎月2000円くらいで運用しちゃえるほうが良いなと思ってSIMフリー端末にしました。

今月、韓国に彼女と行ってきたのですが、現地でローミングせずにプリペイドSIMを使用するのは何気に初めての経験でワクワクしました。今後、海外に長期滞在する際にも心強い味方が出来たなぁと体感しました。

12万とか…もはやパソコン買えちゃう値段だけどね…。


iPhoneに「戻る」ボタンと同様の機能を持たせられると話題のガラスケース。次はこれにする予定。