My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


自分の身体のコンディション、「未病」をさぐっていくこと。

特集 特集-健康

Advertisements

最近、整骨院と整体をいくつかまわってみていた。

自分の身体の現状を正しく知っている人はそれほど多くないように思える。多くの人はー俺も含めて、何らかの身体の不調が出たときにはじめて自分の身体の現状に気づき、それを正そうとする。

「健康」と「病気」だけが注目されるけど、そのあいだの症状が出ていない「未病」。東洋医学では重要視されるこの領域にタッチしていきたいと思ったのが、整骨院や整体をまわりはじめたきっかけだった。


さて、自分の身体のコンディションは何となくわかってきた。骨格に少し歪みはあるけど、それなりに健康な部類らしい。勝手に「矯正」に着目してたけど、「凝りと緊張をほぐす」方向にシフトするのが良さそうだ。

身体(関節)がやわらかい方ということもあって、ストレッチ系ではそれなりにしか効果を感じないのだけど「ゆらす」動きには痛気持ち良い絶妙な刺激が味わえる。ここに自分の健康のヒントがありそうだ。ほぼ一日中、デスクワークをして、隙間時間もスマホでディスプレイを見ていることが凝りと緊張を強いているのだろうな、と思う。

ちなみに10数年前に鎖骨を折ったことが遠因で、自分の体の不調は右半身に偏っていることも分かってきた。


骨格と筋肉についてはこのアプローチで良さそうなのだけど、健康のためにはまだまだ別の部分の「未病」をさがさなければならない。ここ数ヶ月で一切食べなくなったけど、二十代のすべてをコンビニ弁当とジャンクフードに汚染された蓄積はまちがいなく残っていると思うし、「生きた野菜」を食べる機会はまだまだかなり少ない。近々スムージーと野菜スープにハマる予定である。これまた煙草もヘビースモーカーを10年以上続けているので、肺が灰になっているのはまちがいない。糖分だって女子以上に取りすぎだ。

ひとつひとつ、徐々に、色んな切り口で自分自身の健康を見て行きたい。俺はかなりポジティブな方の人間だけど、それなりにストレスもあるので精神的な健康だって常に見ておかなくてはいけない。人間は負荷に順応してしまうものだから「正常」なんて本人には分からなくなってしまうのだから。


恋愛のパートナー関係においても「調子いいとき」と「仲が最悪なとき」のように分かりやすい状態だけでなく、表立ってはいないけど溜まっている状況は多い。それが爆発するまで何もしなかったとしたら悲劇だ。これも未病を見過ごしたひとつと言える。

後戻りがきかなくなって、初めて気付くということだけは避けたいなと思う。何ごとも。