My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


沖縄旅行① 彼女と沖縄の魅力を満喫した2014年の夏

旅行 旅行-沖縄

Advertisements

f:id:fahrenheitize:20140901095956j:plain 

今年の夏に沖縄に行ってきた。彼女とはその時点で4年半以上付き合っていながら、なんやかんやで旅行に行ったことがなかった。付き合いたてに行こうぜと行っていた沖縄、そこをディープめに攻めることにした。

沖縄県民を敵にまわすことを承知で告白すると、俺は沖縄のことを"ひょっこりひょうたん島"くらいのサイズだと思っていた。ちゃんと調べた。ちがった。簡単に移動できないくらいデケェ。

 


おまけに沖縄の魅力はエリアによってどうやら違うらしい。ないちゃーの入り口、那覇空港を中心に国際通りや首里城がある南部エリア。米軍基地のカルチャーの影響を良くも悪くも受けたであろう中部エリア。ビーチと夕陽が素晴らしいらしい。特に自然が手付かずで残っていて、過疎化しつつも魅力的な北部エリア。移動しなくては堪能できないことは明白だった。

最初から離島にも行くこと、メジャー観光スポットではなく、「行ってみたい」と思った場所にふたりで行きたかった。


俺は恥ずかしながら十年近くペーパーなのでレンタカーを使えない。まわりの人には「無謀でしょ」と言われたけど、バス一択で沖縄をまわってみることにした。沖縄はバスが充実していて、案外どうにかなるらしい。特に「58号線」は沖縄を縦断できる(アメリカのルート66みたいだ)もので、長距離移動の58号線を通る急行バスはマジでお世話になった。横の移動は市バスで。

情報収集、特に高城剛の沖縄本と相談に乗ってもらったLast Day.jpのまたよしれいさんの情報は本当に参考になりました。


以下、今回まわったスポット。

・北部エリア
なんだかんだジンベエザメに会いたい美ら海水族館。
実はスピリチュアルスポット備瀬崎。
幸せになれそうなフクギ並木。
琉球王国を感じられる今帰仁城跡。
美しい海に囲まれた全長2kmの古宇利大橋、ウニ丼が絶品すぎる古宇利島。

・中部エリア
オーダーメイド・デニム「ダブルボランチ」。
独特のコーヒー「原点」。
北谷(ちゃたん)のサンセット・ビーチ。

・離島
最高に美しい、ウミガメをシュノーケリングで見られる、「阿嘉島」。

・南部
一応行っておく、国際通り。


旅行はひとりで行くか気の合う友人と行くにかぎる。特に友人と行くときは「おたがいほっとける奴」と行くにかぎるもので、ちょっとしたことで機嫌が悪くなるのを織り込み済みにしないと楽しくならない。そういうときにほっといて、ちょっとしたら何事もなかったかのようにまた二人で行動できるような奴。

 

今回の彼女との旅行は「ちょっと機嫌が悪くなる瞬間」がふたりとも1秒たりともなくて、本当に相性の良さを感じた。見るもの、食べるもの、楽しいこと、良いと感じるもの。それらがほぼ一緒。ちょっと疲れるタイミングもほぼ一緒。おたがいの言葉・挙動でおたがいに爆笑してしまう。

同棲しているものの、朝から晩までずっと一緒に行動できるのは初めてで、本当に楽しいと思える旅行だった。こりゃ結婚しても間違いないわ、くらいの。

 

なんやかんやで次の場所に行かずに年末になってしまったけど、近々弾丸ぎみの旅行になっても、台湾あたりに一緒に行きたいなぁと思う。というわけで、旅行記のはじまりです。

 

f:id:fahrenheitize:20140829101633j:plain