読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


ヒルドイドの保湿効果がマジヤバ。

特集 特集-健康

Advertisements

f:id:fahrenheitize:20141209215616j:plain:w500

自分は元々アトピー体質で乾燥しやすいのに対策をしていない。そんな自分がこないだ知った保湿クリームが抜群に良くて、保湿に目覚めました。色んな女の子に紹介してみたくなったので書いてみます。魔法のクリームはヒルドイドと言います。

ヒルドイドとは?

医者の診断で処方箋をもらって出してもらう処方箋医薬品。

元々はアトピー患者の「保湿用」として使われる塗り薬。傷跡を残さない効果もあるのでヤケド・傷跡の治療にも使われるらしい。

かなりポピュラーらしく、医者が保湿で出す薬と言えば、大体ワセリンかヒルドイドのどちらか。(俺はワセリンとマイザー軟膏を出されていたので最近まで知らなかった)

効果

①保湿効果

ワセリンが水分を逃がさないように油のフタをするのに対して、ヒルドイドは体内に浸透して水分を逃がさないで内部に留めようと働きかける。これが保湿に貢献する。(ヘパリン擬似物質の作用)

基本的に手にはそのまま塗る。あと顔には化粧水を塗ったあとに、上からヒルドイドを手のひらで伸ばしてから塗りつける。

で、これが一度試してもらうと分かるんだけど、すごく保湿される。テカる感じじゃなくて、内側からしっとりもっちりする感じ。化粧水+乳液はいまいち浸透してる気がしなかったので、この感じは初めて。けっこう長い時間、潤いが持続します。

彼女も乾燥しやすいので一緒に使ってるんだけど、彼女は「調子が良いときの肌」に毎日なってますね。肌がターンオーバーしたらどうなるのかちょっと傍目にも楽しみであったりします。ふたりとも手の甲とか爪の甘皮あたりの乾燥がやわらいでハッピーでございます。


②血行促進効果

火傷・傷跡に効くのがこちらの効果。

で、この血行を良くする働きが皮膚の再生に良いらしく、シミとかちりめんじわが消えた!という口コミまであります。ま、美容目的で使うのはアレですが。

単純にケガが残りにくい効果も嬉しいですよね。ただ、この作用があるのでジュクジュクした系の傷に塗るのはご法度みたい。

診療コスト

診察料がかかるけど、1本あたり(20g)の単価は200円。

もっと安くしたい場合には、ジェネリックでビーソフテンというのもあるようです。こちらは使用していないので、使用感はわかりません。

副作用

「えっ、薬なんでしょ?」と思いますが、医者に聞いても薬剤師に聞いても「赤ちゃんに出せるくらい刺激が弱い」「ステロイド系とちがって継続利用しても問題ない」とのこと。

ただ、皮膚が弱い人は赤くなったり、かぶれが出たりすることはあるみたい。俺はけっこう刺激に弱いんだけど、全然大丈夫でした。

タイプ

「ローション」「ソフト軟膏」「クリーム」の3種類。メジャーなのは軟膏とクリーム。

一番、ネット上で使っているのが見受けられるのはソフト軟膏なんだけど、俺が使っているのはクリームとローション。

広範囲にギトつかずに塗るのであればクリームタイプが良いと思います。ただ、塗った直後は「いかにも薬なニオイ」がします。少しすると気にならなくなるけど。(軟膏はギトつく)

ローションは乳液のような使い心地なので、夏場とかにオススメ。

気をつけること

紹介しておいてアレなんですが、保険適用の薬なので美容目的でやたらめったら買いまくって使うものじゃマナー的にねーよなとは思う。ただ、肌が乾燥して困ってるような人は比較的簡単に出してもらえる薬なので、一度お試しいただいてみたいなーと思います。冬場に水さわったらマジでツライからな。

乾燥肌・アトピーの診断がおりなさそうだが、美容目的で使いたい人にオススメのもの。

処方箋をもらえないような人は、ヘパリン疑似物質を使用したクリームが薬局で買えます。(傷跡を残さないことが謳い文句になっています。)

最近テレビCMでアットノンが紹介されていますね。



【第2類医薬品】アットノンクリーム 15g


【第2類医薬品】ピアソンHPクリーム 50g


あとは最近、ニベアの青缶はセレブが使っている美容モノと成分が同じとか話題ですよね。友人も化粧水のうえにこれを塗るだけのケアで良い感じにメンテが出来ているらしい。ヒルドイドと交互にためしてみるつもり。


追記

ヒルドイドを安易に美容クリーム扱いすることについて」という記事で当記事のリンクが貼られていたのですが、この記事はもともと一貫して乾燥の対策として書かせてもらってます。ヒルドイドの説明上、美容の効能もふれていますが、そこで美容を用途とした利用としては否定もしています。潤いについて激賞してしまったことと、副作用の記述が甘かったことは反省しています。

最後に、自身が10代からアトピー体質で苦しんでいたこと、彼女も乾燥肌にくわえて仕事柄ひび割れと乾燥が激しいことで正当にそれぞれが処方箋をもらっているにも関わらず、薬事法違反じゃない?という指摘はちょっと困ったなぁというのが本音です。*1

医者が正当な理由(乾燥が見受けられない患者)以外で処方箋を出すのかは俺は分からないですが、同じ成分の市販薬は紹介しているので、美容目的の方はそちらをご参照ください。

*1:こちらはなぎさらさ (id:negi_a)さんが加筆・修正してくださいました