My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


モテに振り回される必要なんかないけれど…(AMの連載 17回目)

外部媒体 外部媒体-アム

Advertisements

2014年の最初ということで、この一年間で大きなウェイトを占める「飲み会でモテる女の子」について語ってみよう。
友だち主催のグループ混在飲み、合コン等のグループでの飲みを想定している。サシにはない集団での自分の見せ方についてだ。

俺はモテテクをくだらないと明言してるわけだけど、自分の好き勝手に振る舞うのを良しとしているわけじゃない。
飲み会で一人勝ちする女の子の特徴を教えるよ|AM「アム」 はてなブックマーク - 飲み会で一人勝ちする女の子の特徴を教えるよ|AM「アム」


年始に飲み会での振る舞いについて書いた記事です。男女関係なく、モテに振り回される人は多いんじゃないですかね。

俺はどんな人からもモテるなんて無理だと思ってるけれど、自分に寄ってくる人だけを相手にしてモテを気取る奴も嫌いだ。モテの話題に承認欲求はつきものだけれど、そんなもん誰だって多かれ少なかれある問題で、そこはちょっと切り離せよって思う。


モテを気にするから、一緒にいる他人に対して気持よく振る舞うのか/しないから振る舞わない、のか?

ちょっと視点を変えれば、人目がなければ悪いことををするのか/あればしないのか?ちょっとニュアンス違うかな。


そんなもん論外でしょっていうのが今回の趣旨だった。


考え方として最大公約数に好かれたいだの、自分が心底好きな人に深く理解されれば良いという違いはあれど、その瞬間でその場にいる人たちと良い時間をすごす気持ちがなければね、と俺は思います。飲みにかぎらず、職場の連中とかさ。多少嫌いな奴でも。

まぁ俺自身も好き嫌いが激しい人間で、態度を変えないか?と自分に問いかけると厳しいものがあるんだけど。ともかく、ダサイ女の人になってほしくないなと思って書きました。