My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


アプリでタクシーを呼ぶサービス"Uber [ウーバー]"は流行る!(無料で2000円クーポンがもらえるよ)

レビュー レビュー-サービス

Advertisements

f:id:fahrenheitize:20131230050914p:plain:w500

アメリカ発のハイヤーサービス、Uber(ウーバー)。このサービスが面白いのはスマホのアプリでハイヤーを呼び出して、指定したポイントまで迎えに来てくれるところ。

このサービスのメリットは
 ・深夜割増なし(走行距離と時間で出る)
 ・運転手さんがVIP扱いしてくれる(ハイヤーなので…)
 ・支払いが必要ない(アカウント作成時に登録してあるクレカで引き落としされる)
 


俺はれいさんの記事で知りました。 UBER(高級タクシー配車サービス)と忘年会のコンボ。僕がUber中毒になった理由。 | Last Day. jp

ということで先日、終電を乗りすごしたので渋谷で使ってみました。新宿帰りの運転手さんにピックアップしていただきました。


まずは値段。ハイヤーというと気がひけるかもしれませんが、走行距離によりますが深夜割増がない分、さほど変わりません。俺はちょい指示をミスったので厳密な比較ができなくなってしまったのですが、後述の2,000円クーポンにより確実に初回はタクシーより安く済みます。

VIP扱いは冗談ですが、さすがハイヤーサービスということもあり、運転手さんが降りてドアを開けて出迎えてくれます。タクシーの運転手は色んな感じの人がいるのみなさんご存知と思いますけど、一流ホテルマンのようなホスピタリティを発揮してくれます。丁寧すぎてこっちが恐縮しますけど。ちなみに合流できないときはドライバーに直接TELできますよ。

事前登録したクレカで支払いが必要ないのはめっちゃラクですね。深夜にねみーよと思いながらタクシー帰りのときとか快適のはず。


デメリット。現在はトライアル期間ということもあり、六本木周辺を中心に6台前後、週末は8台で運用している模様。つまり、アプリで呼び出して速攻でつかまるとはかぎらない状況です。俺はどうしても乗りたかったので20分弱待ちましたが、寒くて死ぬかと思いました。


車種は平日はフーガかクラウンらしいですが、俺は週末だったためかアルファードでした。広々と座りながら運転手さんにサービスのことを伺わせていただきました。調子乗りの僕なので「これは流行りますよ〜」「流行りますよ〜」を連呼しました。


最後にクーポンのご紹介。以下の招待コードから登録していただければ2000円のクーポンが手に入ります。俺にも2000円のクーポンが入るので、Win-Win(と書いてウハウハと読みますね)です。このクーポンで初回は確実にタクシー代金より安くてすむと思いますので、よろしければ使ってみてください。

https://www.uber.com/invite/uberfah (うーばーファー!)

12月15日までに登録していれば5,000円のプロモーションコードをもらえたみたいなんだけどね…俺も遅かったので間に合いませんでした。


以下、イメージが掴めると思われるキャプチャー。実際に使ったときはキャプり損ねたw*1

アプリを起動します。

f:id:fahrenheitize:20131230051539p:plain

拾ってほしい場所でピンを立てます。

f:id:fahrenheitize:20131230051542p:plain

大体どれくらいで拾ってくれるかの時間が出ます。

f:id:fahrenheitize:20131230051545p:plain

降りるときにはレシート代わりにメールを送ってくれます。

f:id:fahrenheitize:20131230051548p:plain


Uberがらみの記事ではもっちさんの記事が面白かった。
iPhoneアプリから呼べるタクシー迎車サービス「Uber」を使ったら超便利だったし、UXが洗練されていました。 | もっちブログ はてなブックマーク - iPhoneアプリから呼べるタクシー迎車サービス「Uber」を使ったら超便利だったし、UXが洗練されていました。 | もっちブログ

*1:UIが英語なのは、俺がiPhoneの言語設定をEnglishにしているからか、米国発のサービスでアプリ自体が英語なのかはちょっと分からないです。