My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


居ても立ってもいられなく変えたい自分、沸き上がってくる感情(AMの連載 16回目)

外部媒体 外部媒体-アム

Advertisements

今年の恋愛を振り返って、反省するところは反省して、来年に活かそう!なんてことを言う気はサラサラない。
男も女も等しく、自分がやりたいようにしか出来ないもんじゃないかしら。
色んなシチュエーションの女性がいると思うから、ひとくちには語れない部分があるんだけど、何らか悩んでることがある女性へ。
悩み尽くしてほしいと思う。そしてそれに真剣に向き合ってほしい。
毎回、寂しい恋愛を繰り返しているあなたへ|AM「アム」 はてなブックマーク - 毎回、寂しい恋愛を繰り返しているあなたへ|AM「アム」

2013年ラストのAMの連載コラムは少し総括チックに大きなテーマについて書きました。文字数の関係で落とし込みきれない部分はあるのですが、繰り返し語ってきたことの根底になる重要な話です。

恋愛が上手くいかないとき、自分のなかで頭を抱え込みたくなるくらい、
居ても立ってもいられないぐらい沸き上がってくる「変わりたい」感情はあるだろうか。
あるとすればそれは何に対してだろう。

文中で俺が触れたように本当に人を変えるのは、「悔しい」「このままじゃダメだ」という気持ちを噛み締めることだと思う。そして、そこから始まるものがあると思う。俺が学生時代にも、会社員になっても、そしてこのブログをスタートさせたときもそんな気持ちが出発点になりました。

「感情を溜める」と表現すればいいのでしょうか。グツグツと自分のはらわたのなかで感情が溢れかえって、それをどうしようもなく抑えられなくなったときに、きっと人はものすごい行動力を発揮するんだと思います。そして、それは「やれやれ」的なスカしたスタンスでは決して出てこないものでしょう。また、決してキラキラ系女子やスタートアップワナビーのような上っ面のものじゃない。

俺はそんな風に人が泥臭いことをやっているのがたまらなく好きだし、そんな人が醸し出している切羽詰まったオーラがたまらなく好きだ。自分自身を振り返っても、充実感や達成感を感じた経験は、少なからずそんな部分がありました。

こういった内容は本当に伝わって欲しい層には伝わらないものだけど、書いてみました。このことについては別途ブログでも書いてみようかなと思う。今年はご愛読いただきありがとうございました。

業務連絡としては、来年からはいったん連載ペースを隔週にさせていただきます。目に止まる機会が減りますが、引き続きご愛読いただけると嬉しいです。