My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


"嫉妬" 避けられない感情との付き合い方(AMの連載 10回目)

外部媒体 外部媒体-アム

Advertisements

俺は女とか男とか関係なく、人間だったら"嫉妬"という感情は避けられないものだと思う。
自分がその場で主役になりたい気持ち、いちばん大事に思われたい気持ち、不安になりたくない気持ち、仕事で認められたい気持ち、すべて当たり前にある欲求じゃないですか。
ただ、そういったネガティブな感情って「自己評価を他人に委ねていること」が原因じゃないか?と警鐘したいんです。
自分に自信がないから嫉妬する女はウザい|AM「アム」

連載の10回目は「嫉妬」について。けっこう難しいテーマです。


AM編集部からは「男と女の嫉妬のちがい」「男のほうがすごいってほんと?」「でも変わらないとも言いますよね」という切り口でした。

やっぱり嫉妬って感情は男女関わらずあるもので、どっちかに特別なかたちってのはそんなにないのかなーって思う。浮気されたら嫌なのは一緒だし、自分から離れるのが怖い感覚も一緒。しいて言えば文中に挙げた例なのかな。特に「でも」のひと言。

人それぞれな部分はある問題だけど、そして一生付き合っていく感情だけど、なるべくなら自分の生き方をおもんない感じにしたくないよねーって気持ちですね、俺は。

負けず嫌いについても一緒だと思う。外側に、相手をこき下ろすためではなく、内側に、自分自身のバネとして使う分には強力な力になる。避けられない感情はそうやって折り合いをつけていくしかないのかなーって感じます。