読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


"記念日" 私はパーマンになりたかった。(AMの連載 9回目)

外部媒体 外部媒体-アム

Advertisements

彼氏持ちの女の子の大きな不満に「イベントを大事にしてくれない」というのがあるんじゃないでしょうか。
おたがいの誕生日、付き合った記念日、クリスマス、バレンタイン。
というわけで、イベントのタイミングでは「男的にはこんな感じで女性に接してくれたら嬉しいです」という提案を2つさせてください。
彼氏が記念日を祝ってくれない問題を考えた |AM「アム」

遅くなりましたが9回目のあとがきを。


AM編集部から「記念日の取り扱い説明書を!」という話だったのですが、イベントごとにうんちゃらって話じゃなくて、男全般が記念日を頑張るのがニガテだよなーってなことから書いてみました。けっこうマメな男でもがっちり予定を組んで記念日をやるのってニガテだと思うんですよね。

個人的に思うのは「促す」って行為はすごく大事なんじゃないかってこと。思うとおりに動いてくれないのは他人なんだからしょうがなくて、かと言ってギャーギャー言えばすむって話ではないじゃないですか。そこでいかに「いやらしさを感じさせない計算」の上で行動を促していけるかってのが恋人関係ではすごく大事だと思うんですよね。意識させたもん勝ちっていうか。

今年のクリスマスはちょっくら頑張りますかぁ。ちなみに同時進行しているメンズにとってクリスマスやバレンタインは精算のタイミングであったりします。身体がひとつでは足りないのです。あの頃、私は、パーマンになりたいと思った。