読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ@blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


ぬるくなったシャンパンも"ご愛嬌"/ZEEBRA『真っ昼間(REMIX)』

レビュー レビュー-音楽

Advertisements

こないだウダルくらい暑い日に街道をてくてく歩いてて。俺汗かきだからけっこう顔からも汗がポタポタしてる状態で。

陽射しがキツくて熱い空気も身体にまとわりついてて、中上健次は"陽射しが濃い"ってめっちゃイケてる表現を『岬』って小説でしてたなーとか思って、まさしくそんな感じだよなとか思いながら、iPhoneに入ってたZEEBRAの『真っ昼間』のリミックスVerを超ひさしぶりに聴いてみたんですよね。

社会人になりたての5年ちょい前にメチャクチャ聴いてたんですよ、この曲。本当に怠惰な学生で夕方にサークルのために大学に行って、朝方まで起きて、んで夕方まで寝るって生活をしてたんですよね。んで、社会人になったら週5日も拘束されて朝9時じゃないですか。本当に苦痛で苦痛でしょうがなかったんですよね。いま思うとアタリマエなんすけど。


何が嫌かって体力ないし朝弱いからその頃は平日に遊びに行くってこともできなくて。そしたら今まで遊ぶ枠が週7日もあったのが、週2日じゃないですか。片方は当時の彼女と使ってたので、月に4回くらいしか友達とガッツリ遊ぶ枠がなくて。

あー、マジで会いたい人たちと予定合わないなーって。仲が悪くなったわけでもないのに距離がなんとなくできてる感じがするのが少しさみしいなって思ったりしたんですよね。いや、頻度が減ってるだけで会ってるんだけどさ。

この曲はうだるような真夏の真っ昼間の光景を描いてるんですよね。朝起きてシャワー浴びて、街まで車で走って、仲間たちが集まってる公園でBBQに向かうってご機嫌な内容なんですよね。原曲はもっさりしたオールドスクールなんですけど、kjのリミックスでカノン進行の浮遊感あるトラックになってて、何気ない日常に幸せな時間が流れてる感じがする。

鳴りだした携帯電話に出る 昨日の夜知り合った娘としゃべる
また今度会おうと約束すれば そこの道歩く他の娘に目が

活気満ちあふれた 夏真っ盛り
そんな中に 仲間発見
マジで偶然 いわゆるくされ縁
何してんだとか言って 蹴り一発 軽く入れ合って すぐに出発

直射日光 焼けたアスファルト 気の知れた奴らが集まると
昼間から公園でバーベキュー  ラジオからはノリノリのパーティーチューン
少しぬるくなったモエもご愛嬌

こんな夏の日はやっぱ最高 そろそろ夕方 だけどまだまだ
ハメ外す夜の部はこれからだ!

なんか当時、こういう時間が減ったからすごく愛おしくて、そういうの大事にしていきたいなって思ったりした曲でした。

ちなみに大学時代とか男女友達グループの鍋パとかすごく嫌いで、そんな男女混合で鍋つついても会話の内容が当たり障りなくておもんないじゃん、それなら男でも女でもサシで会ったほうが面白いって感性でした。社会人になってからも、同期スノボとか結局行くものの茶番みたいであんまり好きじゃなかったんだけど、年々こういうのも何か良いのかなー?って思うようになってきた。丸くなってきたのか、年をとってきたってことなのかわかんないけど。

つーわけで、8月下旬に仲間が企画してくれてる九十九里がクッソ楽しみだー!あと、BBQもまだ今年はやってないからメチャ行きたい。


真っ昼間 Remix

真っ昼間 Remix

  • Zeebra
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes