読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


外部媒体-Web

結婚、長期的なパートナーシップを考えるヒントとして。

福田フクスケさん、川崎貴子さんとの対談が公開されました。ninoya.co.jp初回は自己紹介と序盤トークです。昨年の福田フクスケさんとのイベントに来てくださった方は「なつかしいな」と感じてくれると思います。 ninoya.co.jp多くの男性にあるであろう「モテ…

DRESS短期連載「向き合う」スタンスについて。

DRESSにて短期連載『遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った』がすべてアップされました。p-dress.jpp-dress.jpp-dress.jpオンライン・オフライン問わずにご好評いただいたので、もう見てくれた人は多いかもしれません。この連載の内容はシリーズタイトル…

外部媒体で「浪費家が貯金をできるようになるまで」の記事を書きました。

お金を考えるメディア『マネ会』にて、マネーと恋愛についての記事を書きました。アイキャッチ画像w

外部媒体でマネーと恋愛についての記事を書きました。

お金を考えるメディアにて、マネーと恋愛についての記事を書きました。hikakujoho.com硬軟織り交ぜてマネーを語る媒体のようで、私はカジュアルに語る立ち位置で参加させていただきました。

外部媒体で"結婚する人生 しない人生"についてのエッセイを書きました。

p-dress.jpDRESSさんにて「結婚する人生 しない人生」というテーマで寄稿させていただきました。DRESSさんはぜひとも書かせていただきたいなぁ、と思っていた媒体でしたので、編集長の池田園子さんからお話をいただいたときに、即決しました。拙著を読んでく…

【短期集中連載】マイナビウーマンさんでLINE教室を始めています。あと今後はお悩み相談のタッチポイントを増やしていきます。

マイナビウーマンさんで短期集中連載が始まりました。 連載のテーマは「LINEの添削」になっておりまして、毎回のお題(「合コン後のお誘い」「社内の気になるカレ」とか)ごとに読者様のLINEにあーだこーだ言わせていただいております。 毎週水曜日公開で、…

サイボウズ式さんにて「パートナーとの長期的な関係」について話してきました。〜地頭と情熱と向上心を持ち合わせた人材について〜

画像参照元 http://cybozushiki.cybozu.co.jp/rennai.1603_1.jpg ブロガーズコラムを書かせていただいているサイボウズ式さんにて、それとは別口にインタビュー…というか女子大生たちと対談をしてきました。本来のサイボウズ式さんの「多様な働き方・ライフ…

外部媒体で同棲生活についてのエッセイを書きました。

wedding.mynavi.jpマイナビウエディングさんが運営するメディアに『同棲』についてのエッセイを寄稿しました。自分は経験をベースに恋愛コラムを書いてきましたが、わりと抑制をきかせて文章を書いているので、これまであまりなかった筆致になっていると思い…

アムにて書籍の先読み企画が始まりました。

連載中のアムにて、書籍の内容を5回に分けて掲載させていただくことになりました。am-our.com初回は序文(はじめに)になっています。未読の方はぜひ御覧になってください。

AM新連載『ゲスのから騒ぎ!メンズトーク実況中継』が始まりました/『これからの「本当の恋愛」の話をしよう』の今後について

AMにて『ゲスのから騒ぎ!メンズトーク実況中継』という新連載が始まりました。バナーのバカバカしさが最高で見た瞬間に吹きました。初回はこちら。 経験豊富なヤリチンたちが見えてきたもの/ゲスのから騒ぎ...経験豊富なヤリチンたちが見えてきたもの/ゲ…

恋愛×占いメディア「cocoloni PROLO(ココロニプロロ)」で新連載をはじめました

恋愛×占いメディア「cocoloni PROLO(ココロニプロロ)」で新連載をはじめました。タイトルとバナーはまったくリクエストせずに任せたので、なんか新鮮です。当面は毎月第2水曜日に必ず、4週目は不定期で、というかたちで書いていきます。

リクナビNEXTジャーナルに『モテるサラリーマン、モテないサラリーマン。彼らは何が違うのか?』という記事を寄稿しました

先週水曜日の話ですが、リクナビNEXTのオウンドメディア「リクナビNEXTジャーナル」に寄稿いたしました。ひさしぶりに男向けの記事をニヤニヤしながら書きました。ご笑覧ください。

AMの連載まとめ 21回目〜30回目/いまの思い

隔週木曜日に連載しているAMのコラム、21-30回のまとめです。掲載時期は2014年の2月から今年の8月まで。(最後の方は月イチペースでしたが…)AMで書かせてもらっている恋愛コラムもついに30回を越えた。自分のブログで書いていた男向けのモテ記事の数よりも…

AMの連載まとめ 11回目〜20回目

毎週木曜日に連載しているAMのコラムが11-20回のまとめです。掲載時期は2013年の11月から今年の2月くらいまで。(現在は隔週連載)最近、気づいたことですが俺は原稿を書くときに"素敵と感じた女性" "不愉快だった女性"を交互に思い浮かべています。会ってる…

「サイボウズ式」で仕事コラムの連載が始まりました

いまさらの告知で恐縮ですが、4月からサイボウズ式というメディアでコラムを書かせてもらうことになりました。テーマはチームワークになります。お仕事がテーマのコラムだよ!(ワオッ!)

優柔不断な男は悪気がなくてもサイアクだ(AMの連載 18回目)

正論を言えば、まわりの環境に流されない「絶対的な評価」を自分自身に持っていよう、になる。けれど、どんな状況でもブレないでいる自己評価ってけっこう難しい。 人間関係ひとつが不調なだけで何もかもうまくいかない気分になったりするじゃないですか。そ…

モテに振り回される必要なんかないけれど…(AMの連載 17回目)

2014年の最初ということで、この一年間で大きなウェイトを占める「飲み会でモテる女の子」について語ってみよう。 友だち主催のグループ混在飲み、合コン等のグループでの飲みを想定している。サシにはない集団での自分の見せ方についてだ。俺はモテテクをく…

居ても立ってもいられなく変えたい自分、沸き上がってくる感情(AMの連載 16回目)

今年の恋愛を振り返って、反省するところは反省して、来年に活かそう!なんてことを言う気はサラサラない。 男も女も等しく、自分がやりたいようにしか出来ないもんじゃないかしら。 色んなシチュエーションの女性がいると思うから、ひとくちには語れない部…

"遊び人チェックシート" 浮世の色恋はむずかしい(AMの連載 15回目)

さて、女遊びを目的にあなたに近づく男のことを書いてみた。 総じて言えば、遊び人は<戸惑い><ゆるやかな拒否>を<承諾>に変えていくスキルに長けていると言える。 "ダメ(嫌い)じゃないなら良くない?"的なアプローチだ。 あなたが女好きの餌食になら…

"直感に飛び込めない女の子" クダラナイ見栄にジャマをされないこと(AMの連載 14回目)

恋愛で言えば、ときめいているのにこれまでの経験でブレーキをかけてしまうことがあるんじゃないでしょうか。 「また同じ失敗をするんじゃないか?」みたいに。でも、結局のところジタバタしているだけで違うかたちで苦しんでいるだけだったりする。 好みじ…

"ワリカン問題" 奢ってもらって当たり前のクオリティーの女の子(AMの連載 13回目)

同時に男目線で言うと、あっさり「ご馳走さま」って言っちゃう女の子は魅力がない。 ちょっと物事をわかっている男の人は当然奢る。 ただ、それは「男が出すことになっているから」「気持ちを見せたいから」でしかない。 そこに安易にのっかる女の子に加点は…

"男女の結婚観の差" 結婚前の関係性が一度死ぬ寂しさ(AMの連載 12回目)

結局のところ男は女の子のアプローチで結婚を決めてないんですよ。 たしかにそれが結婚のことを真剣に捉えるきっかけにはなる。 けど、それはあなたとの結婚に対してじゃなくて、自分自身の人生における結婚の位置づけに対して。 結婚を意識したときの男の絶…

"重い女"と"自立したふたりの惹かれ合い" (AMの連載 11回目)

ただ、"重い"は具体的に「この行動を取ったらNG」というものではないと思うんですよ。さっき挙げた例について、どれかは気にならないけど、他のものは気になるって男だっている。明確な線引きがあるわけじゃない。だからこそ女性だって気にしていると思う。…

AMの連載まとめ 1回目〜10回目

毎週木曜日に連載しているAMのコラムが10回になりました。2ヶ月ちょっと。おかげさまでAM内でもPVは順調です。いままでブログじゃ読まれなかったような層にも、新しく読んでもらえてることを実感できてます。やはり女性読者は嬉しい。良い節目になるので記事…

"嫉妬" 避けられない感情との付き合い方(AMの連載 10回目)

俺は女とか男とか関係なく、人間だったら"嫉妬"という感情は避けられないものだと思う。 自分がその場で主役になりたい気持ち、いちばん大事に思われたい気持ち、不安になりたくない気持ち、仕事で認められたい気持ち、すべて当たり前にある欲求じゃないです…

"記念日" 私はパーマンになりたかった。(AMの連載 9回目)

彼氏持ちの女の子の大きな不満に「イベントを大事にしてくれない」というのがあるんじゃないでしょうか。 おたがいの誕生日、付き合った記念日、クリスマス、バレンタイン。 というわけで、イベントのタイミングでは「男的にはこんな感じで女性に接してくれ…

"ツマラナイ女" 自分が後悔しないということ(AMの連載 8回目)

俺は女性がアグレッシブに恋愛を楽しむことに賛成なんだけど、そのなかで絶対にあがってくる問題にセックスのタイミングがあるように思う。 「最初のデートでセックスするとヤリ捨てされる」 「付き合ってないのにセックスすると都合のいい女にされる」 そう…

"最初の夜でガッカリ" 朝マックの憂鬱(AMの連載 7回目)

肉食系武闘派集団飲みに出てくる会話でこんなのがあった。セックスをした後にこんな態度を取られると冷めるというもの。 ・ちゃんと空気を読める人だったのに、手のひらを返したようにめちゃくちゃ甘えだす人 ・きちんと話も聞ける人だったのに、自分語りを…

"愛嬌" 好意はもっと表現すればいいじゃん的な(AMの連載 6回目)

俺は「表情」はジェスチャーのひとつだと捉えています。そしてそれは場を盛り上げる強力なツールになる。 恋愛に関わらず一般的なコミュニケーションを考えたとき、打って響く(ように見える)人って楽しいですよね。女の人だってそうだと思うんです。 だか…

"恋人と長続きする方法" ちょっとだけ彼女のことを書いてみた(AMの連載 5回目)

それは「みんな自分が一番カワイイ」という事実をエグッているからです。 「甘えと依存」に代表されるものだけど、恋愛の破綻の根本はここにあると思うんです。 "恋愛関係を継続していく"ためには、自分が自分らしくいられることと同時に、相手が相手らしく…

"理想の恋人" 自分の「価値観の檻」を壊していくこと(AMの連載 4回目)

■アナタが思っている「理想の彼氏」は理想じゃない 「アナタはどんな人と付き合いたいですか?」 「どんな人がアナタの理想の彼氏ですか?」 この手の質問に即答することは一見、容易い。 けど、実のところきちんと考え尽くしている女の人はすごく少ないよう…

"草食系" とある後輩の草食系エピソード(AMの連載 3回目)

■ 草食系へのアプローチは「しょうがねぇな」で始まる 「草食系」ってフレーズも定着しましたよねー。 「草食系男子」を定義するのは難しいですが、「恋愛のどこかのフェーズで消極的な人」と俺は捉えています。 俺なりの表現をすると「臆病なヘタレ系男子」…

"女子会" 女子会は共感でいい?(AMの連載 2回目)

■ 女どうしで傷を舐め合う女子会 今日は「女子会」での恋愛トークについて書きましょう。 女性の楽しみにイチャモンをつけたくないのですが、恋愛の傷を舐め合う女子会については、ちょっと心を鬼にしてツッコミを入れてみますね。 メンズからすると女子会は…

恋愛Webマガジン "AM「アム」" のコラム連載が始まりました「モテテク」/AMについて

今日からAM「アム」 のコラム連載が始まりました。週1回、毎週木曜日に掲載になります。初回はこちら。 いつまでも"モテテク"の罠から抜け出せない"残念な女の子"たちへ|AM「アム」