桐谷ヨウ blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


孤独と孤立、あなたはどちらを愛しますか?

f:id:fahrenheitize:20170106025905j:plain

去年あたりからぼんやりと世の中には「寂しがりやさん」がすごく多いんだなーと意識することが増えた。ぽっかり空いた孤独の時間を愛するよりも、誰かと弱くつながっていたい…みたいな。

それで思い出すのが、とある人が「私は孤独よりも孤立の方がまだ良い」みたいなことを言ったことがあったんです。

続きを読む

最近ハマっている音楽、2016年の終わりに(洋楽編)。

最近ハマっている音楽、洋楽編です。

ここ2年はロバートグラスパーばっかり聴いていました。グラちゃんは(俺がつけた愛称)「誰もジャズを聴いてくれない。自分がメインストリームに殴り込んで、ジャズの入り口」になるという意気込みでロバートグラスパー・エクスペリメント(=実験)として『Black Radio』を制作、見事にグラミー賞を獲ります。いまイケイケです。

ジャズというよりはポップスに近いR&B、hip-hop仕様なんですが俺にはちょうど良くて(笑)。グラちゃんを薦めた音楽好きの兄ちゃんに「本人のトリオ名義の方がカッコイイわ!」とお叱りを受けまして、聴いてみたところすごく良かったです。

一度、ライブを観たんだけど大きな手で繊細な旋律を奏でていました。キャラもひょうきんで最高です。

続きを読む

何かを続けるということー茶人のあまんじるなさんにお会いしたときのこと

f:id:fahrenheitize:20160925171147j:plain

9月の終わり頃、あまんじるなさんという茶人にお会いした。

amnjrn.hatenablog.com


今年になってからふと彼女のブログを読み始めたらハマってしまった。俺が好きな女性というのは例外なく「自立系女子」で、自分が決めたことを誰に言われるでもなく淡々とやっているタイプだ。

彼女にとってそれは「お茶」のようで、毎日一杯のお茶を点てるようだ。自分の悩みを自分で自浄させていく過程を綴っているブログも面白い。

続きを読む

自分の限界を手前に引いてしまうということ。

自分で言うのもなんだけど、僕はマジメな人間である。

きちんとやるべきときにやってきたから、
いまの自分があると思うし、
何か新しいことに出会ったときに
マジメに「向き合う」ことをすごく大事にしている。

よって、他人を見ていて軽蔑してしまうのは
「向き合っていない姿」を見せられたときである。

続きを読む

モノトーンの微笑みの国へ。(5年ぶりのタイ)

今日から彼女とタイ旅行に行ってきます。

昨年の夏に、思いつきで韓国旅行に行ったきり、ズルズルと1年が経ってしまった。

時間もお金も、「ある」ことに意味はない。「使う」ということを決心しなくては持ち腐れてしまうことを痛感した1年だった気がする。

続きを読む

馴れ合わない勇気。

f:id:fahrenheitize:20161019190612j:plain

最近、付き合いが悪いと思われることが多い。フットワークはぼちぼち軽い方なのだけど、気の向かないことへの耐性がいちじるしく低いのだ。

というと「その人のことが嫌い」と誤解されがちなのだけど、そうではなく。おたがいにとって楽しい時間になるのかどうも読めないときに気が向かないと判断しているらしい。

とはいえ、「今回、気が向かないです」なんて、バカ正直に返せないのが難しいところ。これぞ人間ですね。

続きを読む

諦めた恋ってめっちゃエモい。もっと聞かせてくれよ。

f:id:fahrenheitize:20070912232930j:plain

今日はいつもとちがうテンションで書いてみます。


恋愛には「実らなかった恋に意味はあるのか?」という命題がある。

漫画『ハチミツとクローバー』はこれを見事に描ききったからこそ、多くの人が胸を焦がしたんだろう。

続きを読む