読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷ヨウ blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


馴れ合わない勇気。

f:id:fahrenheitize:20161019190612j:plain

最近、付き合いが悪いと思われることが多い。フットワークはぼちぼち軽い方なのだけど、気の向かないことへの耐性がいちじるしく低いのだ。

というと「その人のことが嫌い」と誤解されがちなのだけど、そうではなく。おたがいにとって楽しい時間になるのかどうも読めないときに気が向かないと判断しているらしい。

とはいえ、「今回、気が向かないです」なんて、バカ正直に返せないのが難しいところ。これぞ人間ですね。

続きを読む

諦めた恋ってめっちゃエモい。もっと聞かせてくれよ。

f:id:fahrenheitize:20070912232930j:plain

今日はいつもとちがうテンションで書いてみます。


恋愛には「実らなかった恋に意味はあるのか?」という命題がある。

漫画『ハチミツとクローバー』はこれを見事に描ききったからこそ、多くの人が胸を焦がしたんだろう。

続きを読む

好きな人とは、心地よい気まぐれをもたらしてくれる存在。

今日はnoteで書いているようなタッチでいきます。

僕らは皆、日々をご機嫌に過ごしたいと思っているけれども、
毎日がそうもいかないのが現実なわけで。

というか、さっきまで良いテンションだったと思ったら
ふとしたことで一瞬で気分が悪くなることだって大いにありえる。


「心」が一瞬一瞬で移ろいでいくものという考え方は
仏教に教えてもらったけれど、
同時に自分というのはその瞬間その瞬間で
生まれては死んで、また生まれていくということを感じている。

続きを読む

恋愛で素直になれないとき、自分の本音はどこにある? 『テンプリズム』曽田正人

漫画のレビューです。読んだのは曽田正人さんの 『テンプリズム』。超売れっ子漫画家の曽田さんがはじめて"戦闘的恋愛ファンタジー"に取り組んだ意欲作です。

一見、王道ファンタジーに見えるこの作品は、完全に恋愛マンガである。5巻からその兆しが見え始め、7巻では色恋要素が進みまくり、直近はもはや「もう戦闘シーンいらない!」という感想である。

続きを読む

海外旅行の醍醐味は、ハレをケに取り込んでいく快感にある。

f:id:fahrenheitize:20130127111800j:plain

海外旅行が好きな人は、すごく多い。

お気に入りの場所に何回も行く人もいれば、新しい場所にどんどん行くことを好む人もいる。物事には深さと広さがあるけれど、どちらを追求するかはその人の個性に起因するアプローチのちがいと言えるだろう。

続きを読む

他人に興味を持ってもらうって、すごく大変だ。

少し前にTwitterでこんなことをつぶやいた。

続きを読む

俺がイケてるなーと思う人たちの特徴について。

f:id:fahrenheitize:20160802194738j:plain

俺は「イケてる人」「ダサい人」で世界の住人を二分割しています。

誰かと接するときには少なからずこの視点を持っているし、同時にそれは自分に返ってくるものだということも知っています。

最近は「自分がイケてると思う人」としかつるまないことを徹底しています。昔からこの傾向は強いですが、より強くなってきた気がします。

それは見た目がどうこうというのではなく、性根です。心の姿勢です。その人がどういうマインドで世界と向き合っているか? そこに対して自分はその人への興味をそそられるのです。

なんとなく特徴を列挙するとこんな感じだろうか。

続きを読む

Macのライブ変換は日本語タイピングの革命だと思う。あと、親指シフトを習得したきっかけ。

f:id:fahrenheitize:20160724115630p:plain

俺自身は社会人になりたての頃に、勝間和代さんの著作で存在を知っていたが、習得が面倒くさそうだったので放置していた。色々思うところがあり、今年の2月に基礎練習を開始し、4月下旬にすべてのシーンで親指シフトに本格移行、現在は完全にマスターしているので、この機会に書いてみようと思う。

 前々回のエントリーで「思うところがあって」と書いた件になる。

 それは日本語がタイピングと相性のわるい言語であるということに気づいたことだ。別の言い方をすると、英語圏の人に比べてハンデを背負っているということだ。

続きを読む