桐谷ヨウ blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


結婚しました。

f:id:fahrenheitize:20180209013106j:plain



Twitterではさくっと書いたのですが、結婚しました。

リプライ・LINEでお祝いの言葉をくださった方々、ありがとうございます。

続きを読む

2017年に書いた文章7つを、思い入れと一緒に語る。

今年書かせていただいた記事のなかで、思い入れのある文章を7つ挙げようかなって思う。

恋人を実家に連れて帰るのって、気が重い…… | DRESS [ドレス]

p-dress.jp


パーソナルな文章を切り売りして書くことを避け続けてきた自分が、初めて自分の裸の気持ちを飾らずに書いてみたいと思えたのが、彼女を実家に連れて帰ったときの複雑な気持ちでした。

この気持ちは、このタイミングを逃してしまうと風化してしまう。この気持ちを文章として残しておきたい。そう強く思ったのでした。実際に今となっては忘れてしまっています。

書かせてくださったP-DRESSに感謝します。


こういう他人から見てどうでもいいくだらないことで悶々としてしまうこと。それは生きていく上で、とても大事な蜜であり、同時に捉われすぎてはならない毒だと強く感じます。

ちなみに続報は、年明けくらいに。

モテる人はこんなに考えています! 恋愛コラムニストに聞く、実践的デート会話術 - それどこ

srdk.rakuten.jp

これは今年いちばん人目にふれた記事でしょうか。(PVは知らないっす)

書くまでのマインドセットは「往年の持ちネタで派手にバズらせたる」「会話形式にチャレンジする」という二点だけでしたが、純粋に楽しみながらニヤニヤ書いた記事でした。

いま読み直しても、お役立ち度と読み口の面白さは上手くできたなぁ、と感じています。

なお、いまだから明かしますが、モデルをやってくれた娘とは原稿に出てきた会話しかしてなくて、15分くらいしか話してないっす(笑)

続きを読む

ウートピの連載が「楽しく生きるヒント集」になると嬉しい。

f:id:fahrenheitize:20171204003747j:plain

ブログで書けていませんでしたが、ウートピさんにて連載が始まっています。

wotopi.jp


以前にマイナビでLINEお悩み相談みたいな企画をやっていて、けっこう好評だったみたいで。それを踏襲しながら「言わない女子」へのアドバイスする…というのが、今回の企画になってます。


お悩み相談というのは少なからず大喜利の性質を持つものだと俺は思っていて、お悩みをダシに書き手の人生観や視点を語る…というのが、世の中の定番フォーマットになってるじゃないですか。

では、自分がどういう人生観や視点を語るか?という部分になってきます。

続きを読む

俺はまだまだ人生を楽しめるんじゃないかと思って生きている。

f:id:fahrenheitize:20171010024938j:plain

最近、自分の「ライフデザイン」が狙いどおりに成功している。

一面的には週4でコンサル業をやり、週3は気兼ねなく興味のあることに時間を費やす生活である。もっと広い意味では社会性を保ちつつ、自分の興味を持ったことで遊び、関わりたい人と存分に関われているということ。

興味のあること、と書いたのはいわゆる個人事業なわけだけど、安直な金稼ぎに走る必要はもうない。純粋に自分が「面白い」とか「この先に何かあるかも」と思う自分への投資だけに絞って活動できているわけだ。それはすごく大きい。


そうそう。会社員を辞めてフリーランスになりたい人に伝えておきたいことは、「好きなことでも意外に食えるよ」ということ。会社を辞めるってすごく勇気が必要だけど、意外にやっていけるものなんです。ちゃんと働けば。

でもね、同時に「それなりに稼ぐ」のは工夫が必要だし、どうしても労働量がつきまとったりもする。

付き合いたくない人と付き合わざるを得なかったりもする。こいつの仕事ないなーと思っても、それを断れる立場の自分か?という不自由さもあったりする。そこまで含めて、フリーランスで生きたいか?ということを考慮する必要はあるよーと思います。(俺はなるべく働きたくないし、嫌なものは嫌な人間でした)


さて、何を持って自分のライフデザインが成功しているか?なのだけど、俺の場合は「自分の人生を楽しめる余地を残してしまってないか?」というのが基準になっている。まだ残っているならそれは勿体無いことをしているわけだ。

そこに対して強迫観念的に「楽しめる余地がある限りは、俺はまだ人生を楽しめていない」と思っているわけではないのだけれど、充足しながらも「まだまだイケるんじゃね?」という目線を大事にしたい…というテンション。

続きを読む

会社のパソコンの電源アダプタを400円で小さくした。

f:id:fahrenheitize:20171009234915j:plain

週4で会社員をやっているため、通勤する日はパソコンを持ち歩いている。


会社で支給されているパソコンはLenovo ThinkPad X1 Carbon 2017モデル。

会社員歴のなかでシンクパッドは初めて使うんだけど、こいつがなかなか快適なのである。


ほどよい薄さと14インチのディスプレイ、

親指シフトに最適なキーボードのレイアウトと打鍵感(自宅のMacBook Proより好み!)、

そしてトラックポイント。使い慣れるとホームポジションを離さなくて良いので、トラックパッドよりも便利かもしれない。

というわけで、「良いパソコンを支給してくれたもんだ」と会社のパソコンに満足していた。

続きを読む

「なんで会社員に戻ったの?」「自分の身を預けてみたいと思ったからです」

cybozushiki.cybozu.co.jp


サイボウズ式さんの対談が公開されました。「頭で考えたこと」は記事でお話しした通りです。

でも、「心で思っていたこと」はまた違います。ブログではそのことを書いてみようと思います。

人が何かを決めるとき、理由はひとつじゃない

俺らは人生において選択をしいられます。

仕事であったり、恋人であったり、今日の昼飯であったり。大小はあれど、とにかく選択しているわけです。ルーティンの効用は、その選択コストを省略してウィルパワー(意志力)を削らないこと、なんて言いますよね。

それで「どう生きていくか」みたいなデカい話になってくると、理由って単純に一個じゃないじゃないですか。いくつかの要因が重なって、「ああ、これだな」って頭じゃなく心で確信する、みたいな。今回はそういう感じだったんですよね。

そういう意味で、会社員に戻ってみるタイミングだったんだなーと感じます。

続きを読む

9月1日(金)に、サイボウズ式の交流会でお会いしましょう。

f:id:fahrenheitize:20170807031943j:plain

タイトルどおりです。9月1日(金)に連載でお世話になっている、サイボウズ式の交流会が開催されます。

場所は日本橋のめちゃオシャレなオフィス。おまけに無料。

以下、引用です。

前回ご好評いただいたサイボウズ式 Meetup の第2弾として、ブロガーズ・コラムの Meetup を開催します!

ブロガーズ・コラムとは、サイボウズ式で人気連載中の、ブロガーの桐谷ヨウさん、朽木誠一郎さん、はせおやさいさん、日野瑛太郎さんによる
「チームワークや働き方に関するコラム」。

今回は、4名の著者の方々と、連載のイラストを担当していただいているイラストレーターのマツナガエイコさんをお呼びします。

https://cybozushiki-bloggers-meetup.qloba.com/

内容は…ブロガーズコラムの全メンバーが参加して、トークはご挨拶程度に、みんなで飲み食いしながら楽しくおしゃべりしましょう…という感じでしょうか。

抽選になってしまいますが、ご興味のある方は以下のイベントページよりご応募くださいませ。僕のLINEを知りたい女性は当日お声がけください。(なんでやねん)

続きを読む

タッチバー搭載MacBook Pro 2017 13インチを購入したので、ちょっとしたレビュー。

gyazo.com

先日、MacBook Pro 2017 13″のBTOモデルを購入しました。CPUはデフォルト、メモリを16G、SSDも1TBにカスタマイズ。カラーはスペースグレー。

続きを読む

スノボーに行ってパートナーとの距離感について、思いを馳せたことがあった。

f:id:fahrenheitize:20170419033547j:plain

あれは社会人になってちょっと経ったタイミングだった。

大学時代から交友関係のある4カップルで、泊まりがけでスキー・スノボーに行く機会があった。記憶力がポンコツの俺はどこに行ったか思い出せないのだけど、とにかく雪国だったことはまちがいない。

現場ではスノボーをやるのが6名、スキーをやるのが2名、それぞれのスキルもまちまちという状況だった。俺自身、スノボーは木の葉でターンが出来るけど、普通のターンはまだ出来ないという時期だった。当時の自分の彼女も初めてに近い状況だった。

続きを読む

白神真志朗『東京におけるセックスフレンドや恋人のなにがし(またはそれに似た情事)について聞いて書いた。』を聴いて思ったこと。

先日、ツイッターで連投した音楽レビューをまとめておきます。

俺が好きな世界観ってだけです。男性側からこういうの書く人はいなかったですよねー。

続きを読む