桐谷ヨウ blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


タッチバー搭載MacBook Pro 2017 13インチを購入したので、ちょっとしたレビュー。

gyazo.com

先日、MacBook Pro 2017 13″のBTOモデルを購入しました。CPUはデフォルト、メモリを16G、SSDも1TBにカスタマイズ。カラーはスペースグレー。

gyazo.com

gyazo.com

7年ごしに11インチを止めた!

テキスト中心の使い方なのでMacBook Air 11″で不便がなく、気づいてみると2013年モデルからの買い替えとなりました。これが3代目になります。

一年前あたりから最軽量の新しいMacBookを購入することを考えていたのですが、フリーランスやって外で使用することなんてほとんどなかったので「カワイイ」以外に無意味だったと遅まきながら気づく有様(笑)

もう10万前後では買えない値段になってしまったので、この際ならMacBook Proにしちゃってスペック的な不安を排除したくなったのが一番の理由。

タッチバー搭載13″モデルはポートも4つあるので、マルチポートを買わなくてもUSBとUSB-Cを変換するコネクタで済みました。

純粋なスペックは15″のクアッドコアがベストな選択ですが、あそこまで行くとデカすぎなので……

タッチバー、楽しいじゃん😊

gyazo.com


世間の評判は芳しくないようですが、タッチバーがけっこう好きです。

本質的ではなく「高価なオモチャ」って感じのギミックだけど、ゲージをイジってるときに無性に気持ち良い。楽しい。(スマホやタブレットでは当たり前)

今回、Macを購入するか迷っていた友人に「(買わないと)タッチバーを自慢しちゃうぞ?」と言うと、「うらやましくないわ!w」と言われましたけど(笑)

以前はF8でカタカナ変換などを多用していたのですが、いまはemacs系のショートカット(Ctrl+K等)で代用しているので必要なくなりました。

emacs系のショートカットは選択範囲や変換対象を広げたり、縮めたりする際に使用すると非常に効率化されるので、Macユーザーにオススメです。


gyazo.com

標準の設定ではアプリごとにタッチバーの表示が切り替わってバッテリー消費がエグかったので、基本メニューを固定で使用。ファンクションキーを押した際に対応アプリのメニューが表示されるようにしています。なかなか快適です。

第2世代バタフライ構造キーボード。

評判が真っ二つになっているMacBookの極薄キーボード。まだまだ慣れが必要そうですが、個人的な好みにはドンピシャ。

もともとストロークが浅いキーボードが好みで、それを究極まで押し進めてくれたバタフライ構造キーボードは「手応えのなさ」が最高です。親指シフト入力との相性も従来製品より優れています。最小の動きでタイピングができます。

もはやストローク感を求める人は、リアルフォースかHHKBを購入しろってことなんでしょうね。。

ただ、これまでのキーボードは押し始めのクリック感と最下部に到達したタイミングのクリック感があったのに対して、押し始めのクリック感しかないため、これに順応しないとムダな力で打鍵(押鍵)してしまう……という感じでしょうか。このキーボードでバシャバシャ鳴ってしまうのはそういう現象だと思われます。

新しいMacBookを購入したときには、バックアップから復元しないのが好み。

Apple製品の素晴らしいところは簡単に以前の環境を復元できることです。が、個人的にそれはしないようにしています。

「内部的なゴミ」を新しい環境に持ち込んでる気がしてフレッシュな感じがしないんですよ(笑)

メール・カレンダー・ブラウザはGoogleのクラウドなのでまったく変化なし。

写真はiCloudですべて同期、音楽はiTunes Match。ローカルに実データを移行しなくてもログインするだけで、すぐに再現。昔はライブラリファイルとかちょー重要だったのにね。

また、Dropboxをローカルファイルの保存先にしているため、これもすぐに環境が再現されます。

システム環境まわりを少し修正すれば、すぐに快適な環境に戻ってくれます。


そうそう、俺はここ10年くらいデスクトップはグレー一色です。大学の頃などは壁紙を使っていましたが、見にくくてイヤなんですよ。

その前は黒一色だったのですが、自分の顔が映りこむのがウザかったのでいつからかグレーになりました。

Dropboxフォルダへのショートカットを作成して、いまいま使用しているファイル(フォルダ)群のみデスクトップに保存して、作業が完了したらすぐにDropboxに移動させるようにしています。

デスクトップも頭もスッキリしてオススメ。

スノボーに行ってパートナーとの距離感について、思いを馳せたことがあった。

f:id:fahrenheitize:20170419033547j:plain

あれは社会人になってちょっと経ったタイミングだった。

大学時代から交友関係のある4カップルで、泊まりがけでスキー・スノボーに行く機会があった。記憶力がポンコツの俺はどこに行ったか思い出せないのだけど、とにかく雪国だったことはまちがいない。

現場ではスノボーをやるのが6名、スキーをやるのが2名、それぞれのスキルもまちまちという状況だった。俺自身、スノボーは木の葉でターンが出来るけど、普通のターンはまだ出来ないという時期だった。当時の自分の彼女も初めてに近い状況だった。

続きを読む

白神真志朗『東京におけるセックスフレンドや恋人のなにがし(またはそれに似た情事)について聞いて書いた。』を聴いて思ったこと。

先日、ツイッターで連投した音楽レビューをまとめておきます。

俺が好きな世界観ってだけです。男性側からこういうの書く人はいなかったですよねー。

続きを読む

結婚、長期的なパートナーシップを考えるヒントとして。

福田フクスケさん、川崎貴子さんとの対談が公開されました。

ninoya.co.jp

初回は自己紹介と序盤トークです。

昨年の福田フクスケさんとのイベントに来てくださった方は「なつかしいな」と感じてくれると思います。


ninoya.co.jp

多くの男性にあるであろう「モテの残尿感」と「35歳ピーク説」について喋ってます。

思い当たる人はやはり多いらしく、ネット上でも男性の反響がすごかった(笑)

続きを読む

鳥井弘文さん、くいしんさんのこと。ー『隠居系男子的』に寄せてー

『灯台もと暮らし』というカッコ良いWebメディアがある。

ローカル性を押し出して、<魅力的な場所をかたちづくる人>の思いを、丁寧な企画・取材・執筆により公開している媒体だ。その充実っぷりは紙媒体優位主義が揺らぐ内容になっていると思う。

これを運営しているのが『株式会社Wasei』であり、鳥井弘文さんが代表をつとめる会社。俺と彼の出会いは共通の知り合いであるまたよしれいさんが主宰するブロガーズフェスティバル2014年だった。自分はサイボウズ式のメンバーとして、彼は当時所属していたMATCHAの編集長として、ともに登壇していたのだ。

続きを読む

渋谷近辺でデートにも使えるお気に入りのカフェまとめ。

srdk.rakuten.jp

こちらの記事を「どこで撮る?!」という打ち合わせで話題に挙がったカフェダイニングを紹介します。
(結局、写真撮影があったため個室になりましたが……)

俺自身はもうランチ・お茶でしか使ってないですし、何年も情報がアップデートされていないのですが……

モデルになってくれた瀬奈さんも女子会で使ったりしてるみたいなので、20代後半まではデートでも使えるのではないでしょうか。

基準は「メシのうまさより雰囲気」「しゃべりやすい」「オシャレすぎない。でも、なんかカワイイ」です。ではどうぞ!

続きを読む

モテる人は考えていない。ただ、フィードバックを積み重ねてきただけ。

先日、外部媒体で公開された記事です。思惑どおりはてブは跳ねたけど、FBはあいかわらずボチボチ。。

srdk.rakuten.jp

モテている人が内側でブラックボックス化している「口説きのプロセス」をオープンソース化したい!というのはずっと考えていたことでした。

こういうのを書かないと考察記事で「分かった気になるけど、現場でテンパる人たちへのガイドラインを示す」ということを達成できなかったから。

考察記事では構造上できなかったことをインチキ実況中継で、おまけにずっとやってみたかった「アイコンが並んだ会話形式の記事」でふざけて書くということが出来たので、すげー楽しかったです。(企画を通してくださった編集さん、どうもありがとうございます。)

さて、俺は外部媒体に寄稿する記事のタイトルは編集者さんに任せることが多い。今回はクライアントの意向もあってか、こういうタイトルになったんだけど、すごく言いたいことがあるので書いてみたい。

続きを読む

DRESS短期連載「向き合う」スタンスについて。

f:id:fahrenheitize:20170305002541j:plain

DRESSにて短期連載『遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った』がすべてアップされました。

p-dress.jp

p-dress.jp

p-dress.jp

オンライン・オフライン問わずにご好評いただいたので、もう見てくれた人は多いかもしれません。

この連載の内容はシリーズタイトル以上でも、以下でもありません。

続きを読む

孤独と孤立、あなたはどちらを愛しますか?

f:id:fahrenheitize:20170106025905j:plain

去年あたりからぼんやりと世の中には「寂しがりやさん」がすごく多いんだなーと意識することが増えた。ぽっかり空いた孤独の時間を愛するよりも、誰かと弱くつながっていたい…みたいな。

それで思い出すのが、とある人が「私は孤独よりも孤立の方がまだ良い」みたいなことを言ったことがあったんです。

続きを読む

最近ハマっている音楽、2016年の終わりに(洋楽編)。

最近ハマっている音楽、洋楽編です。

ここ2年はロバートグラスパーばっかり聴いていました。グラちゃんは(俺がつけた愛称)「誰もジャズを聴いてくれない。自分がメインストリームに殴り込んで、ジャズの入り口」になるという意気込みでロバートグラスパー・エクスペリメント(=実験)として『Black Radio』を制作、見事にグラミー賞を獲ります。いまイケイケです。

ジャズというよりはポップスに近いR&B、hip-hop仕様なんですが俺にはちょうど良くて(笑)。グラちゃんを薦めた音楽好きの兄ちゃんに「本人のトリオ名義の方がカッコイイわ!」とお叱りを受けまして、聴いてみたところすごく良かったです。

一度、ライブを観たんだけど大きな手で繊細な旋律を奏でていました。キャラもひょうきんで最高です。

続きを読む