桐谷ヨウ blog

桐谷ヨウのメインブログ。恋愛・コミュニケーション・海外・文章を書くことについて。


9月1日(金)に、サイボウズ式の交流会でお会いしましょう。

f:id:fahrenheitize:20170807031943j:plain

タイトルどおりです。9月1日(金)に連載でお世話になっている、サイボウズ式の交流会が開催されます。

場所は日本橋のめちゃオシャレなオフィス。おまけに無料。

以下、引用です。

前回ご好評いただいたサイボウズ式 Meetup の第2弾として、ブロガーズ・コラムの Meetup を開催します!

ブロガーズ・コラムとは、サイボウズ式で人気連載中の、ブロガーの桐谷ヨウさん、朽木誠一郎さん、はせおやさいさん、日野瑛太郎さんによる
「チームワークや働き方に関するコラム」。

今回は、4名の著者の方々と、連載のイラストを担当していただいているイラストレーターのマツナガエイコさんをお呼びします。

https://cybozushiki-bloggers-meetup.qloba.com/

内容は…ブロガーズコラムの全メンバーが参加して、トークはご挨拶程度に、みんなで飲み食いしながら楽しくおしゃべりしましょう…という感じでしょうか。

抽選になってしまいますが、ご興味のある方は以下のイベントページよりご応募くださいませ。僕のLINEを知りたい女性は当日お声がけください。(なんでやねん)

続きを読む

スノボーに行ってパートナーとの距離感について、思いを馳せたことがあった。

f:id:fahrenheitize:20170419033547j:plain

あれは社会人になってちょっと経ったタイミングだった。

大学時代から交友関係のある4カップルで、泊まりがけでスキー・スノボーに行く機会があった。記憶力がポンコツの俺はどこに行ったか思い出せないのだけど、とにかく雪国だったことはまちがいない。

現場ではスノボーをやるのが6名、スキーをやるのが2名、それぞれのスキルもまちまちという状況だった。俺自身、スノボーは木の葉でターンが出来るけど、普通のターンはまだ出来ないという時期だった。当時の自分の彼女も初めてに近い状況だった。

続きを読む

白神真志朗『東京におけるセックスフレンドや恋人のなにがし(またはそれに似た情事)について聞いて書いた。』を聴いて思ったこと。

先日、ツイッターで連投した音楽レビューをまとめておきます。

俺が好きな世界観ってだけです。男性側からこういうの書く人はいなかったですよねー。

続きを読む

結婚、長期的なパートナーシップを考えるヒントとして。

福田フクスケさん、川崎貴子さんとの対談が公開されました。

ninoya.co.jp

初回は自己紹介と序盤トークです。

昨年の福田フクスケさんとのイベントに来てくださった方は「なつかしいな」と感じてくれると思います。


ninoya.co.jp

多くの男性にあるであろう「モテの残尿感」と「35歳ピーク説」について喋ってます。

思い当たる人はやはり多いらしく、ネット上でも男性の反響がすごかった(笑)

続きを読む

鳥井弘文さん、くいしんさんのこと。ー『隠居系男子的』に寄せてー

『灯台もと暮らし』というカッコ良いWebメディアがある。

ローカル性を押し出して、<魅力的な場所をかたちづくる人>の思いを、丁寧な企画・取材・執筆により公開している媒体だ。その充実っぷりは紙媒体優位主義が揺らぐ内容になっていると思う。

これを運営しているのが『株式会社Wasei』であり、鳥井弘文さんが代表をつとめる会社。俺と彼の出会いは共通の知り合いであるまたよしれいさんが主宰するブロガーズフェスティバル2014年だった。自分はサイボウズ式のメンバーとして、彼は当時所属していたMATCHAの編集長として、ともに登壇していたのだ。

続きを読む

渋谷近辺でデートにも使えるお気に入りのカフェまとめ。

srdk.rakuten.jp

こちらの記事を「どこで撮る?!」という打ち合わせで話題に挙がったカフェダイニングを紹介します。
(結局、写真撮影があったため個室になりましたが……)

俺自身はもうランチ・お茶でしか使ってないですし、何年も情報がアップデートされていないのですが……

モデルになってくれた瀬奈さんも女子会で使ったりしてるみたいなので、20代後半まではデートでも使えるのではないでしょうか。

基準は「メシのうまさより雰囲気」「しゃべりやすい」「オシャレすぎない。でも、なんかカワイイ」です。ではどうぞ!

続きを読む

モテる人は考えていない。ただ、フィードバックを積み重ねてきただけ。

先日、外部媒体で公開された記事です。思惑どおりはてブは跳ねたけど、FBはあいかわらずボチボチ。。

srdk.rakuten.jp

モテている人が内側でブラックボックス化している「口説きのプロセス」をオープンソース化したい!というのはずっと考えていたことでした。

こういうのを書かないと考察記事で「分かった気になるけど、現場でテンパる人たちへのガイドラインを示す」ということを達成できなかったから。

考察記事では構造上できなかったことをインチキ実況中継で、おまけにずっとやってみたかった「アイコンが並んだ会話形式の記事」でふざけて書くということが出来たので、すげー楽しかったです。(企画を通してくださった編集さん、どうもありがとうございます。)

さて、俺は外部媒体に寄稿する記事のタイトルは編集者さんに任せることが多い。今回はクライアントの意向もあってか、こういうタイトルになったんだけど、すごく言いたいことがあるので書いてみたい。

続きを読む

DRESS短期連載「向き合う」スタンスについて。

f:id:fahrenheitize:20170305002541j:plain

DRESSにて短期連載『遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った』がすべてアップされました。

p-dress.jp

p-dress.jp

p-dress.jp

オンライン・オフライン問わずにご好評いただいたので、もう見てくれた人は多いかもしれません。

この連載の内容はシリーズタイトル以上でも、以下でもありません。

続きを読む

孤独と孤立、あなたはどちらを愛しますか?

f:id:fahrenheitize:20170106025905j:plain

去年あたりからぼんやりと世の中には「寂しがりやさん」がすごく多いんだなーと意識することが増えた。ぽっかり空いた孤独の時間を愛するよりも、誰かと弱くつながっていたい…みたいな。

それで思い出すのが、とある人が「私は孤独よりも孤立の方がまだ良い」みたいなことを言ったことがあったんです。

続きを読む